このページの本文へ

趣味や仕事のデータ集めがもっと手軽で効率的に

Dropbox、ファイル提供をお願いする新機能「ファイル リクエスト」を公開

2015年06月18日 19時01分更新

文● 花茂未来

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ファイル リクエスト機能で作成したアップロード用ページ

 米ドロップボックスは現地時間の6月17日、「ファイル リクエスト機能」を公開した。ドロップボックス内に、ファイルをアップロードしてもらうためのウェブページを作成できるというものだ。

 従来、複数の人からファイルを集める場合、ひとりひとりにメールや電話で連絡をとり、ファイルを送信してもらう必要があり手間がかかった。

 しかし本機能を使えば、例えば「○○さんの誕生日会の写真」というタイトルでページを作り、参加者にURLを送信するだけで、他の人からファイルをアップロードしてもらえるというワケ。

アップロード者は名前とメールアドレスを入力し、ファイルを選択するだけ

 利用するにはまず、ドロップボックスのトップページ左側にあるメニューから「ファイルのリクエスト」を選択するか、直接https://www.dropbox.com/requestsにアクセス。続いて、画面中程にある「ファイルをリクエスト」というリンクをクリックして、「誕生日会の写真」や「料理のレシピ」といったリクエストしたいファイルのテーマを書き込む。あとはアップロード用ページおよび同名のフォルダーが作成され、URLが発行されるので、それを他の人に伝えるだけでいい。

ファイル リクエストの作成ページ

 なお、ファイルをアップロードするためにドロップボックスアカウントは不要。アップロード者は名前とメールアドレスを入力するだけで、最大2GBまでのファイル送信が可能だ。  さらに、ファイルリクエストページの作成者に送られてきたファイルについては、ファイル名冒頭にアップロード者の名前が追加される仕組みで、大量のファイルも整理しやすいよう配慮がなされている。

 本機能については、ドロップボックスベーシックと同プロのユーザーについては、すでに利用が可能。ビジネス向けドロップボックスのユーザーについては、今後2〜3週間後に利用できるようにするとのこと。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン