このページの本文へ

懐かしの(G-SHOCK以前の)カシオ多機能時計をふたたび

世界初腕時計型デジタルカメラなど、カシオ歴代の多機能時計が集合

2015年06月03日 19時37分更新

文● 行正和義/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

公開されるカシオ多機能時計の一部

 樫尾俊雄記念財団は6月3日、「樫尾俊雄発明記念館」にてカシオ計算機製多機能化時計の歴史を紹介する特別展示を開催すると発表した。6月10日より7月24日までの期間限定で一般公開される。

 樫尾俊雄発明記念館は、2012年5月に死去した元カシオ計算機会長の樫尾俊雄氏の残した発明品を展示・公開するため同氏自宅を改装し開設したもの。カシオ計算機の最初の製品である世界初の小型純電気式計算機「14-A」をはじめ、電卓、時計、電子楽器などの代表的な発明品を展示している。

樫尾俊雄発明記念館ウェブサイト

 今回の特別展示では、1974年に発売された世界初のオートカレンダーつき腕時計「カシオトロン」をはじめ、IC録音機能や放射温度計機能を搭載した腕時計、ASCII.jpの連載「前田知洋の“タネも仕掛けもあるデザインハック”」でもおなじみの前田知洋氏が監修した世界初クロースアップマジック機能を搭載した腕時計など、現在のスマートウオッチより先駆けて発売された多機能時計が数多く展示される。

 記念館は東京都世田谷区成城。開館時間は9時30分~16時30分。入館料は無料(要ウェブ予約)。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン