このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

1日中装着しても違和感のない軽さもいい

精度はかなり正確! 睡眠を自動検知する心拍計「Fitbit Charge HR」

2015年05月21日 12時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Apple Watchは非常に魅力的です。ひとつのリストウォッチ型デバイスの中に、加速度センサーと心拍センサーが入っているので、心拍計と活動量計の2つを同時に巻かなくて済む。まるで夢のようです。

いや、大げさでもなんでもなく。Apple Watchを持たない人の左腕はこんな感じになります。大きいほうが心拍計のMIO Alpha、小さいほうがJAWBONEのUP move。いろんなものに巻かれすぎ

 ただ、Apple Watchは腕時計ですから、質感やデザインにもコストがかかっています。おかげで電池が1日しか持たないとかで、ライフロガーとして寝食を共にするのは難しい気がしています。

 そこで気になっていたのが、国内でも発売が始まったFitbitの新製品「Fitbit Charge HR」です。光学式心拍計と加速度センサー、そして高度計を内蔵し、5日間使えるバッテリーと生活防水機能があります。

 もうこれだけで十分ですが、Bluetooth 4.0でスマートフォンと接続し、着信があった場合は内蔵のバイブレーターで知らせてくれます。おまけにOLEDに時刻まで表示して、デザインまで変えられます。もはやApple Watchに何ら劣るところはない!

 ……というわけでもないですが、ライフロガーに特化したスペックで扱いやすく、本格的なトレーニング用の機材ほど高機能じゃなくていいけど、心拍数を見て運動強度を実感したいという、私のようなタイプの人間には、なかなか都合よくできた製品です。

 価格もAmazonで2万1380円と、Apple Watchの半額程度。1週間ほど使ってみた結果をお知らせします。

バッテリーの充電は専用のUSBケーブルを使います。フルチャージまでは1~2時間程度ライフロガーと言いつつ時刻の表示くらいはします
表示デザインもスマートフォン用のアプリから4パターン選べます

(次ページでは、「付けていても意識しない重さ」)

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン