このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

心拍センサーも付いた新製品が日本でも発売へ

FitbitのCRO語る、「GPS内蔵で7日間駆動の活動量計は我々だけ」

2014年11月01日 12時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 フィットネス用ウェアラブルセンサーを展開する米Fitbitは、現地時間10月27日に新製品3機種を発表した。スマートウォッチ型の「Fitbit Surge」、リストバンド型の「Fitbit Charge」「Fitbit Charge HR」だ。

 米国ではChargeはすでに発売されており、Charge HRとSurgeは“2015年の早い時期”に発売予定。いずれも日本での価格は未定だが、日本での発売時期も“2015年の早い時期”とのこと。

 これら新製品と、今後の日本での製品展開について、米Fitbitのチーフ・レベニュー・オフィサー、ウッディ・スカル氏にうかがった。

新製品群はライト層からアスリート層までをカバー

2010年にFitbitに加わったウッディ・スカル氏は、マーケティング・セールス、事業開発のすべてを監督している

―― まず既存製品について。Fitbit OneとFitbit Zipは日本の家電量販店で販売中ですが、Fitbit Flexはソフトバンクが月額対応サービスを展開していて、量販店では売られていません。

スカル Flexに関しては世界で一番売れている活動量計です。ソフトバンクとのプロモーション期間が終わりましたので、11月から家電量販店をはじめとして、いろいろなところで売るようになります。

―― 米国で発表された新製品の特徴は?

スカル Fitbit Chargeは毎日の生活に使っていただくものです。価格も安く、シンプルでスレンダーでカラフル。そしてFitbit Charge HRは、さらに毎日エクササイズをされている方のための製品。そしてFitbit Surgeは、アスリートの方々のパフォーマンスを上げていただくために、使い勝手のいい製品になっています。

Fitbit Charge/Charge HR

 リストバンド型のFitbit Chargeは、ユーザーから皮膚に炎症が起こるとの報告を受け、販売停止となっていたFitbit Forceの後継機種。日常用の活動量計で、 歩行数、移動距離、登った高さ、睡眠状態を記録する。後述する「Caller ID」も搭載し、小型ディスプレーには、時刻、フィットネスデータを表示する。バッテリー持続時間は約7日間。価格は129.95ドル。

 このChargeに、光学式心拍センサー「PurePulse」を加えたのがFitbit Charge HR。バッテリー持続時間は5日間。価格は149.95ドル。

Fitbit Charge

Fitbit Charge HR

(次ページでは、「Surgeは『フィットネス・スーパー・ウォッチ』」

前へ 1 2 3 4 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン