このページの本文へ

照会サービスと連携

関西電力、LINEで電気料金を確認できるサービス。電気使用量のアラート機能も

2015年05月08日 17時06分更新

文● ナカムラ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

サービスのイメージ。関西電力のキャラクター「はぴ太」との会話も楽しめる。

 関西電力は5月1日、「LINE」アプリを活用して、節電や省エネ等に関する情報発信や、問合せに応じて即座に自動で返答するサービスを開始したと発表した。

 本サービスは、LINEアプリの「関西電力 はぴeみる電」アカウントを友だち登録することで無料で利用できる。ウェブサイトで電気代や使用量をチェックできる照会サービス「はぴeみる電」に関する情報の発信や、引越し時の電気の契約手続きをはじめ、家電機器の省エネにつながる使用方法等、問合せに応じて、即座に自動で返答する。

 さらに、7月からはぴeみる電に登録している人が、電気料金や電気使用量を確認できる機能や、スマートメーターを設置している家庭向けに電気使用量のアラートメッセージ機能を追加するなど、さらなるサービス向上を予定しているという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン