このページの本文へ

ここが変わったWindows 10第35回

エアログラスが復活

Windows 10、前回更新から1週間で最新ビルド10074がお目見え

2015年05月06日 09時00分更新

文● 柳谷智宣 編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 3月17日、Windows公式ブログ上で開発中の次期OS「Windows 10」の販売開始時期を2015年夏とし、世界190ヵ国・111言語でリリースすると発表した。Windows 8.1の後継OSとして、いろいろな機能のブラッシュアップが行われている。

 この連載ではプレビュー版の「Windows 10 Technical Preview」を利用し、Windows 10の新機能の紹介、解説する。

ビルド番号の表示は「windows 10 Pro Insider Preview 評価コピー Build 10074」になっていた。※本記事内の画像はすべてBuild 10074です

 ビルド10061の公開からたった1週間で最新ビルド10074が公開(4月30日)された。正式公開が近いので、本気を出した、というところだろうか。これまで、デスクトップの下には「Technical Preview」という文字と共にビルド番号が表示されていたのだが、今回は「Insider Preview」となっていた。ちなみに、今回のビルド10074はアップデートを「Low」に設定している人にも配布されるうえ、ISOファイルでも公開される。すでに日本語のサイトも対応している。

 ユーザーからエアログラスの要望があり、復活したのも見逃せない。エアログラスは、Windows Vistaで登場した半透明のインターフェースで、Windows 7にも搭載されていたが、8では搭載されなかった。しかし、今回はインサイダープレビューを利用する半数のユーザーに半透過したUIと、残りの半数にぼかし効果を適用し、それぞれのフィードバックを求めているのだ。筆者としては、やっとモダンUIのタイルに慣れてきたので、エアログラスはなくてもいいように感じる。

 その他、ベータ版のストアアプリがグレーアイコンからブルーになり存在感をアップ。以前のビルドでWin32アプリがスタートメニューから起動しなかったバグも修正されている。また、「Continuum」モードでアプリを閉じると、スタート画面が表示されるような細かい改善も施されている。


スタートメニューが透明化されているのがわかる


「パーソナル設定」の「色」→「スタートメニューを透明します」でオンオフを切り替えられる


「ストア(ベータ)」アプリのアイコンがグレーからブルーになった。きちんと動作するようになったという証か


カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン