このページの本文へ

SilverStone「SilverStone EXPO 2015 Spring」

SilverStoneがCOMPUTEXで発表するケースを先行公開

2015年04月25日 23時17分更新

文● 北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 SilverStoneの正規代理店であるディラックが主催するイベント「SilverStone EXPO 2015 Spring」がアキバナビスペースで開催された。イベント会場で展示されていた注目のPCケースを紹介しよう。

アキバナビスペースで開催された、SilverStoneの新製品発表イベント「SilverStone EXPO 2015 Spring」SilverStoneのイベントですっかりおなじみのTony Ou氏が来日。新商品の開発コンセプトなどを解説した

 目玉は、イベントステージで初披露されたハイエンドMicro ATXケース「TJ08-PRO」だ。製品は開発中の試作機で、製品版は6月のCOMPUTEXで発表するという。COMPUTEXを前に日本で先行公開されたかたちだ。

ベースとなったモデル「TJ08-E」は180度回転レイアウト、いわゆる“倒立レイアウト ”を採用しているが、「TJ08-PRO」では、通常のレイアウトに変更されてる。これは水冷クーラーの内蔵に対応するためだという。

COMPUTEXで発表予定のハイエンドMicro ATXケース「TJ08-PRO」の試作機天部にはHDDを直接差すHDDドックらしきものが確認できる
ストレージケースという位置づけのMini-ITXケース「CS01」シリーズ。5月発売予定2.5インチシャドウ×2のほかに、3.5インチベイ×2を搭載した「CS01B」(左)と、2.5インチリムーバブルベイ×6を搭載した「CS01B-HS」(右)をラインナップ
7~8月発売予定のスリムMini-ITXケース「ML08」(左)と「RVZ02」(右)一部がアクリルパネルになっているが、これはCPUとビデオカードがよく見えるようにしたため
FortressシリーズのHTPC向けMini-ITXケース「FTZ01」(左)と比べると、さらに幅が短くなっているのがわかる写真左の「ML08」は持ち運ぶための取っ手が付いている。右の「RVZ02」はRavenシリーズということでフロントのデザインが凝っている
「ML08」を持つ、SilverStoneの副社長Teresa Chang氏。彼女はあまり人前に姿を現さないレアキャラらしいのだが、今回このイベントのために来日したとのこと80PLUS Titanum認証を取得した電源ユニット「Strider Titanium」シリーズ。600/700/800Wをラインナップし、2015年第3四半期に発売予定
じゃんけん大会の賞品は、世界に1台しかない金色の「TJ08-E」。これではSilverStoneではなくGoldStoneであるアンケートに答えると、もれなくもらえたクリアファイルとマイクロファイバークロス

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中