このページの本文へ

マスタードシード「SilverStone 新商品発表会2014秋」

SilverStoneが恒例の新商品発表イベントで静音ケースを展示

2014年10月04日 21時11分更新

文● ASCII.jp編集部 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 SilverStoneの正規代理店であるマスタードシード主催のイベント「SilverStone 新商品発表会2014秋」がアキバナビスペースで開催された。

年2回開催が恒例となったイベント「SilverStone 新商品発表会」SilverStoneのTony Ou氏が来日し、新商品のロードマップや開発コンセプトなどを解説

 会場には、今秋以降に発売予定の新製品が大量に展示され、ステージでもそれら新製品の製品説明が行なわれた。ここでは、イベント会場で展示されていた注目のPCケースを紹介しよう。

KublaiシリーズのATXケース「Kl05」。フロント下部の形状が、パネルとメッシュの2種類存在する
本体サイズは200(W)×494(D)×525(H)mmで、ベイ数は、5インチ×2、3.5インチ×6、2.5インチ×2という構成。サイドパネルには吸音材が貼られているトップパネルを外したところ。120mmファン×2もしくは140mmファン×1を増設可能。水冷用のラジエーターを格納するために5インチベイ1段分のスペースを確保している
recisionシリーズのATXケース「PS11B」。こちらもフロント下部の形状が、パネルとメッシュの2種類存在する。ちなみにパネル版の型番が「PS11B-Q」で、メッシュ版が「PS11B-W」となる
「PS11B」の内部。ベイ数は5インチ×2、3.5インチ×3、2.5インチ×2という構成。本体サイズは215.3(W)×481.5(D)×425.6(H)mmだ
KublaiシリーズのMicro ATXケース「kl06」。「Kl05」同様、サイドパネルには吸音材が貼られている
MiloシリーズのMini-ITXケース「ML06B-E」。「ML06B」の改良型で、スリム光学ドライブとマザーボードの取り付け位置を変更し、2スロット厚の拡張カードを搭載可能にした
FortressシリーズのHTPC向けMini-ITXケース「FTZ01」Sugoシリーズのキューブ型Micro ATXケース「SG12」。ブルーの部分は取っ手になっているので、持ち運びがラク
Sugoシリーズのキューブ型Micro ATXケース「SG13」。ATXケース電源を搭載できるのが特徴
フロントパネルの色を好きな色に変えられるのもおもしろい

 なお、新製品は今秋以降発売予定だが、SilverStoneによると具体的な発売日と価格は未定とのこと。ここ最近の円安は、PCパーツ業界にも影響を及ぼし始めており、正規代理店のマスタードシードにとっても頭が痛い問題のようだ。

 為替レートの変動を見ながら最適なタイミングで仕入れ、なるべく円安の影響を受けない状態で発売することを願うばかりだ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中