このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

アキバで恥をかかないための最新パーツ事情2015第5回

知ったかできる自作パーツ基礎知識【PCケース編】

2015年04月25日 12時00分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Mini-ITX対応ケースの注目モデル

 昨年に続き、充実していたのがMini-ITX対応のPCケースだ。Micro ATX同様にゲーミングモデルも発売されるなど、高機能な対応マザーボードも増え選択肢の幅が広がった。デザインやスペックも豊富で、設置場所や用途に合わせたモデルがチョイスできる。

 ただ、やはりMini-ITXということで、組み込み作業に自作スキルを問われるモデルも少なくない。反面それを楽しめるという人は、セカンドPC向けに購入を検討してみるといいだろう。

縦置き横置き両対応のSilverstone製Mini-ITX対応PCケース「SST-ML07B」。搭載可能なビデオカードが約30cmとハイエンドモデルもサポートするため、ゲーミングPCのベースとしても利用可能だ
Thermaltakeの販売価格が4000円台(税抜)という安価なキューブ型Mini-ITX対応PCケース「Core V1」。非常に好調なセールスを記録した1台でCoreシリーズの代名詞的なモデルとなった
日本市場では珍しいGIGABYTEブランドのMini-ITXケース「ESSENCE」。ケース本体から独立する、独自のマザーボードフレーム構造を採用するのが特徴。取り出しての作業ができるため、各パーツが組み込みやすい
縦長のユニークな形状が特徴的なLian-Li製のPCケース「PC-Q19」。付属のライザーカードを利用することで2スロット仕様のビデオカード(長さ220mmまで)も搭載可能とした
アルミニウムパイプと4mm厚のアルミ板、さらにサイドパネル部に3mm厚の強化ガラスが採用された、In Win製オープンフレームPCケース「DFrame MINI」。斬新なデザインは発売時に注目を集めた
Mini-ITX対応のPCケースながら、11基のストレージデバイスが搭載可能なLian-Liのアルミ製ケース「PC-Q26」。3.5インチデバイスを最大10基まで(うち2基はHotSwapに対応)、2.5インチデバイスを1基の合計11基のストレージデバイスが搭載可能だ
直方型でシンプルなデザインが特徴的な、アビー製のMini-ITXケース「AS Enclosure RS07」。各種ホルダーやブラケットを含むシャシーユニットをまるごと着脱可能にしたリムーバブルシャシー構造を採用する
強化ガラスサイドパネルを採用するLian Li製のPCケース「PC-O」シリーズ。向かって左側面に強化ガラスサイドパネルを採用する「魅せる」がコンセプトのPCケース。付属のPCI Expressライザーカードによりビデオカードをマザーボードと水平に設置できる
アルミと強化ガラスで構成されるIn Win製のスタイリッシュなMini-ITX対応PCケースのブラックモデル「IW-CF02-BLA」。ヘアライン仕上げの4mmのアルミ合金素材を一体成型した本体は、サイドパネルにマットブラックの強化ガラスを装備する
スタック可能なThermaltake製のキューブ型PCケース「Core X1」。本体サイズは280(W)×471(D)×426(H)mmで、重量は9kg。豊富な冷却ファンレイアウトやラジエータースペースもウリ
アルミ一体成型フレームを採用したSilverStoneのMini-ITX対応PCケース「Fortress FTZ01」。ビデオカードは、付属のライザーカードを使用することで約33cmのハイエンドクラスのモデルが搭載可能
Lian-Li製Mini-ITX対応のキューブ型PCケース「Qbee」シリーズ。ユーザーからのアンケートによって決定したカラーラインナップは、ブラックの「NIGHT」とホワイトの「SNOW」、そしてピンクの「SAKURA」の3パターンある

【関連記事】

PCケースの選択は非常に重要
事前準備を進めて慎重に

 ここまで、2014年から2015年にかけてPCケースの注目モデルを紹介してきた。まず、購入前に確認しておきたいのは、将来の拡張予定、自作する際の組み込みやすさ、普段のメンテナンスのしやすさといった点。

 さらに、自分の環境は静音重視なのか、冷却重視なのか、ある程度決めておくと、多数あるケースから選ぶ際に方向性が見えてくるはずだ。

 また、内部に組み込んだPCパーツと異なり、毎日顔を合わせることになるのがPCケース。やはり外観デザインも、重要な要素のひとつだろう。ここはぜひ、お気に入りの1台を見つけてほしい。

 これで5回にわたってお届けした「アキバで恥をかかないための最新パーツ事情2015」は終了。最近のトレンドをしっかりと掴んだところで、ゴールデンウィークはゆっくり買い物と自作PCを楽しもう。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中