このページの本文へ

In Win製「DFrame MINI」

発売前から話題のIn Win製オープンフレームPCケースが販売開始

2014年09月26日 23時33分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 COMPUTEX TAIPEI 2014でお披露目されたIn Win製オープンフレームPCケースの新モデル「DFrame MINI」が発売された。カラーラインナップはレッド、ブラック、オレンジの3色だが、まずはブラックモデルが先行販売となる。

In Win製オープンフレームPCケースの新モデル「DFrame MINI」。まずはブラックモデルが先行販売開始だ

 「DFrame MINI」は、アルミニウムパイプと4mm厚のアルミ板、さらにサイドパネル部に3mm厚の強化ガラスが採用された、オープンフレームPCケース。ATXモデル「D-Frame」のMini-ITX対応版となるもので、トップ部分は持ち運びを容易にするハンドルも装備。持ち運びも容易な構造となっている。

塗装方式を変更したレッドとオレンジは10月以降の発売が予定されている

アルミニウムパイプと4mm厚のアルミ板、さらにサイドパネル部に3mm厚の強化ガラスが採用された、オープンフレームPCケース

 主なスペックは、サイズが230(W)×501(D)×405(H)mm、重量が5.52kg。ベイ数は2.5/3.5インチ共用シャドウ×3、2.5インチ専用シャドウ×2で、冷却ファンはボトム部に120mm×2が搭載可能。ビデオカードは長さ340mm、電源ユニットは奥行き220mmまでをサポートしている。
 販売しているのはツクモパソコン本店とTSUKUMO eX.で、価格は3万9800円(税抜)だ。

トップ部分は持ち運びを容易にするハンドルも装備。持ち運びも容易な構造だ

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中