このページの本文へ

疑わしい通信を行う端末を社内ネットワークから自動で隔離/遮断

NEC、パロアルトNGFWとSDNを連携したNWセキュリティ発売

2015年03月30日 14時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NECは3月30日、パロアルトネットワークスとの連携による「サイバー攻撃自動防御ソリューション(次世代ファイアウォール連携)」の販売を開始した。NECのSDN製品を活用し、未知のマルウェアも含むマルウェア感染端末を自動的にネットワークから切り離す。

NEC「サイバー攻撃自動防御ソリューション(次世代ファイアウォール連携)」の概要

 同ソリューションでは、ゲートウェイに設置されたパロアルトネットワークスの次世代ファイアウォール(NGFW)で疑わしい通信を監視し、NECのSDNスイッチ/コントローラーである「UNIVERGE PFシリーズ」との連携により、感染端末や感染疑いのある端末を遮断、もしくは隔離する。

 これにより、サイバー攻撃の検出精度向上と迅速な初動対応を実現することに加え、企業ネットワーク内での2次感染などの被害拡大リスクも低減する。

 同ソリューションの最小構成はSDNコントローラ×1台、SDNスイッチ×2台、パロアルトの次世代ファイアウォール×1台、SDN連携アダプタ×1となっており、価格(税抜)は1100万円から。なお、この価格にはSI費用や保守料は含まれていない。

システム構成イメージ

カテゴリートップへ

ピックアップ