このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

2015年徹底花粉対策! 花粉症を和らげる最新アイテム第2回

花粉を吸い込み快眠を守る最新布団クリーナー「レイコップRP」

2015年03月17日 12時00分更新

文● 相川いずみ 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 花粉シーズンの到来で、外で洗濯物や布団は干しづらい……という人にオススメなのが、手早く布団を清潔にできる布団クリーナーだ。今回は、世界で初めて“布団クリーナー”を開発したレイコップの最新機種を、家庭の布団を使って実際にテストしてみた。

布団クリーナーの最新モデル「レイコップRP」。2月に発売されたばかりで、直販価格は5万9800円

布団クリーナー「レイコップ」に最上位機種が登場
温風が出る“ドライエアブロー”機能を新たに搭載

 試してみたのは、レイコップから2月に発売されたばかりの最新モデル「レイコップRP」。現在、発売されている「RS」と同様、90%以上のハウスダスト除去できるほか、約70度の温風で布団内部の水分をとりのぞく“ドライエアブロー”機能を新たに搭載しているのがポイントだ。

空気清浄機やクリーンルームにも使用されているHEPAフィルターを搭載。排気をクリーンに保つため、フィルターには脱臭効果をプラスしている青い回転ブラシの下にある黒い部分がUVランプ。除菌に使用される波長253.7nmの紫外線をふとんに照射する

 まずレイコップRPを動作させ30秒ほど経つと、空気が70度にあたたまり、ドライエアブローが使用できるようになる。ゆっくりとレイコップRPを押す感じで、シーツの上を往復させてみる。そのあと、さわってみると、シーツはほかほか。このあたたかくなる効果のせいだろうか、心なしかいつもよりふかふか感も感じられる。

電源を入れ30秒ほど経つと、中央の“DRY AIR BLOW”ボタンが赤く点灯し、70度のあたたかい空気が下に向けて排出される
ドライエアブロー使用前の状態
ドライエアブロー使用前のサーモグラフィー
ドライエアブロー使用直後のサーモグラフィー
布団を一往復させた後のサーモグラフィー

 サーモグラフィによる温度チェック。写真4枚目を見ると、左側にレイコップRPの軌跡がはっきりと赤く写っているのがわかる。この時の布団の表面温度は、約40度台まで上昇していた。

 70度の空気によって布団内部の水分がとりのぞかれ、ダニなどが住みづらい環境を作り出す。実際に手でさわってみても、1往復させただけで温度が上がっているのが体感できた。

→次のページヘ続く (スタンダードモデル「レイコップRS」と比較

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン