このページの本文へ

「さくらのレンタルサーバ」の空き容量を追加費なしで活用できる

さくら、スマホ向けオンラインストレージアプリをリリース

2015年03月12日 14時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 さくらインターネットは3月12日、「さくらのレンタルサーバ」をオンラインストレージとして利用できるスマートフォン/タブレットアプリ「さくらぽけっと」の提供を開始した。アプリは無料で、iOS/Androidデバイスで利用できる。

「さくらぽけっと」ロゴ

 さくらぽけっとは「さくらのレンタルサーバ」のオプションサービス。ユーザーが契約しているレンタルサーバ(ライトプランを除く)の空き容量を、スマートデバイス向けのオンラインストレージとして利用できる。

 アプリからレンタルサーバのドメイン名/パスワードでログインすると、サーバ上にストレージ専用フォルダが作成される。アプリの操作で、スマートデバイスで撮影した写真をアップロードしたり、サーバ上のファイルをダウンロードしたりできる。また、PCのFTPアプリケーションでアップロードしたファイルを、スマートデバイスでダウンロードするといった形で、ファイル共有にも使える。

さくらぽけっとは、さくらのレンタルサーバの空き容量をスマホ/タブレット用のオンラインストレージとして提供する

 さくらインターネットでは、レンタルサーバサービスで提供している安価で大容量のディスクをさまざまな用途に活用してもらうために、オンラインストレージアプリをリリースしたと説明している。なお、アプリはiTunes StoreおよびGoogle Playで公開中。

Android版「さくらぽけっと」操作画面

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ