このページの本文へ

あの「スティックPC」が64GBになった!

進化したm-Stick「MS-NH1-64G」開封の儀

2015年03月11日 09時00分更新

文● 天野透/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

m-Stickが編集部に届いたので、早速開封してみた

 昨年末に「発売後わずか3分で初回入荷分が完売した」(関連記事)と話題になったマウスコンピューターのスティック型PC「m-Stick」が、内部ストレージを64GBに拡張した「m-Stick MS-NH1-64G」となった。今回も相当な人気だったらしく、3月9日現在、同社の販売ページでは入荷待ちとなっているが、貴重な一台が編集部に届いたので開封の儀をとりおこなう。

パッケージ下面のスペック表が印刷されている

開ける前からワクワクさせる

編集部の手近にあったiPhone6 plusの箱と比較。縦横はm-Stickの方が小さく、高さはiPhone6 plusの方が低い

開封!お上品に、フィルムに包まれていた

付属品はこのような感じ。必要最低限のアクセサリがついてくる

ACアダプタはこんな感じ

上面にはmicroSDスロット、下面にはUSB端子と電源端子(Micro-USB)、それから電源ボタンが並んでいる

インジケーターとHDMI端子

筆者私物のiPad Air2とiPhone6(plusではない)と並べてみた

薄さは若干m-Stickの方が分厚い

薄さ以外はiPhone6よりも小さい

付属品を全部つなげてみた

ディスプレイにつなげてみたところ

480

直差しだと若干柱に干渉した

起動した様子。まるでディスプレイ一体型デスクトップだ

デスクトップ画面。プリインストールソフトはAdobe Readerくらいなので、すっきりしている

スタートメニューのアプリ画面

32GBモデルと並べてみた。色以外は同じである

カテゴリートップへ