このページの本文へ

東京-大阪の660km間を信号再生成なしで伝送

KVHとシエナ、商用環境での400Gbps光伝送に成功

2015年02月20日 14時00分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2月20日、KVHは、シエナ(Ciena)と共同で実施した400Gbps光伝送の商用環境下での実証実験に成功したことを発表した。実証実験はKVHが東京・大阪間に展開しているバックボーンネットワーク上で実施され、成功は日本初になるという。同社は「日本市場におけるイーサネット技術のイノベーターとしてKVHの高い技術力を証明しました」と説明する。

 両社の実証実験は、KVHが2013年3月に日本初の東京・大阪間100Gbps Ethernetをローンチした際と同機種である「Ciena 6500 Packet-Optical Platform」を利用した。また、シエナのWaveLogic 3コヒーレント光学プロセッサーを実装した200Gbpsコヒーレント光トランスポンダー2セットも併用し、2015年1月から2月に渡って行なわれた。

商用環境下での400Gbps光伝送の実証実験

 実験ではKVHの東京ネットワークノードから大阪ネットワークノードまでの660km区間において、100ギガビットクラスの複数商用トラフィック(DP-QPSK)併走のもと、信号再生成することなく400Gbpsの伝送(デュアルキャリアDP-16QAM)を実現した。なお、実験環境構築および検証作業については、ユニアデックスが協力・支援しているという。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ