このページの本文へ

壁にぴったり設置できるデザインを採用

アイ・オー・データ、インテリアになじむ外付けHDD「HDEL-UT」シリーズ

2015年02月18日 18時53分更新

文● ナカムラ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「HDEL-UT」シリーズ、Sunset Orange(オレンジ)。

 アイ・オー・データ機器は2月18日、USB 3.0/2.0対応外付ハードディスク「HDEL-UT」シリーズを発表した。2月末より販売される予定だ。

「HDEL-UT」シリーズ、Twilight Blue(ブルー)。

 HDEL-UTシリーズは、インテリアのひとつというコンセプトの外付けハードディスク。カラーは「Sunset Orange」「Twilight Blue」「Moon White」をラインアップし、容量は2/3/4TBが用意されている。価格は2TBが1万9008円、3TBが2万2680円、4TBが3万1104円。

 壁にぴったり設置できる「カクぴた」デザインを採用する。ハードディスクを便利に使うためのアプリを本体内に保存し、ハードディスクをPCに接続し、簡単な設問に答えるだけで設定できるという。テレビ番組の録画にも対応する。

 対応OSはWindows 8.1(32・64ビット)/8(32・64ビット)/7(32・64ビット)、Mac OS X 10.7~10.10。

「HDEL-UT」シリーズ、Moon White(ホワイト)。背面のコネクタを筐体内に収めることで、壁際や、AVラックのような奥行に限りのある場所にも配置できる。

■Amazon.co.jpで購入【関連製品】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン