このページの本文へ

eSATA接続で高速伝送

アイ・オー・データ機器、USB 3.0/eSATA対応外付けHDD「HDS2-UTX」シリーズ

2015年03月18日 18時24分更新

文● ナカムラ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
USB 3.0/eSATA対応外付ハードディスク「HDS2-UTX」シリーズ。

 アイ・オー・データ機器は3月18日、USB 3.0/eSATA対応外付ハードディスク「HDS2-UTX」シリーズを発表した。2/4/6/8TBモデルをラインアップし、3月下旬に発売する予定。

ハードディスク2台を搭載。

 HDS2-UTXシリーズは、本体にハードディスクを2台搭載し、それぞれ同時にデータを保存できる「ミラーリング(RAID 1)」に対応。バックアップ保存に適しているという。eSATAで接続することでUSB 3.0よりも高速転送が可能だとしている。eSATA接続は、同社のネットワークHDD(NAS)のバックアップ用途のみで利用できる。

 価格は下記の通り。

価格は税抜き表記。

 HDS2-UTXシリーズの交換用のハードディスク「HDUOPX」シリーズも3月下旬に発売する予定。容量は1/2/3/4TBをラインアップする。価格はオープン。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン