このページの本文へ

「交際中」にステータスを変更した人は8000人以上

Facebook発表、バレンタインデー以降の交際ステータスの変更は5万人弱

2015年02月12日 16時06分更新

文● ナカムラ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Facebookが2014年のバレンタインデー期間のユーザーの動向を公開。

 バレンタインデーを控え、2月12日、フェイスブックジャパンが2014年のバレンタインデーにおける交際ステータスの変化など、日本のユーザーの動きを公開した。

 データによると、バレンタインデーから4日以内の交際ステータスを変更した人は4万7000人。なかでも交際ステータスを「既婚」に変更した人は1万5000人以上、「交際中」に変更した人は8000人以上。バレンタインデーをきっかけに交際や結婚に発展した人が多いようだ。

年齢・期間など。
話題になったトピック。

 ほかにも、バレンタインデーを最も話題にするのは25~34歳であること、カップルの年齢差(「交際中」のステータスで相手を表示している人)は、1~3歳差が最も多いこと、交際ステータスが「婚約中」となっている期間は、平均4ヶ月間であることなどを発表している。

 そのほか、バレンタインデーに最も話題になったトピックは、第1位「愛」、第2位「チョコレート」、第3位「家族」。「好きな相手に対してだけでなく、友達や家族とのつながりもFacebook上で語られているようです」とのこと。

バレンタインデーの新作スタンプも公開中だ。
■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン