このページの本文へ

アカウント削除や遺言も可能

Facebook、死後にアカウント管理を託す機能を追加

2015年02月13日 16時58分更新

文● ナカムラ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
米Facebookは2月13日、ユーザーがもし自分が死亡したときにFacebookアカウントの管理者を指名できる機能「Legacy contact」を発表した。

 米Facebookは2月13日、ユーザーがもし自分が死亡したときにFacebookアカウントの管理者を指名できる機能「Legacy contact」を発表した。まず米国でリリースし、徐々に対応する地域を広げていくという。

 今まで、誰かが死亡したとき追悼アカウントに変更する機能はあったが、他人がアカウントを管理することはできなかった。

 今回追加されたLegacy contact機能では、ユーザーが生前に家族や友人などを死後のアカウント管理者に指名できる。アカウント管理者に選ばれた人は、死亡したユーザーのタイムラインのトップに葬儀の予定や死亡の告知を投稿できるほか、友達申請を許可したり、プロフィールの更新が可能だ。

 また、死亡した人のアカウントで公開されている写真や投稿、プロフィールをダウンロードできる機能も追加した。ただしプライベートなメッセージは閲覧できない。故人の名前の上に「Remembering」を追加し、タイムラインのトップにLegacy contactの投稿を固定できる機能も追加された。

 さらに、自分のFacebookアカウントを死後に完全消去するように申請することも可能になった。

Legacy contact機能は、「設定」→「セキュリティ」の一番下に追加されている。ここから特定の人にメッセージを残すことも可能だ。
死亡した人のアカウントで公開されている写真や投稿、プロフィールをダウンロードできる機能も追加。
■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン