このページの本文へ

ソニーがBluetoothヘッドフォンのフラッグシップモデルを投入!

2015年02月09日 13時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「MDR-1ABT」。2色のカラーを用意する
「MDR-1ABT」。2色のカラーを用意する

 ソニーは9日、Bluetoothヘッドフォンのフラッグシップモデル「MDR-1ABT」を3月21日に発売すると発表した。予想実売価格は4万3000円前後。

 同社のハイレゾ対応ヘッドフォン「MDR-1R」をベースとしたモデルで、40mmのドライバーユニットや人間工学に基づいた立体縫製イヤーパットなどは同じ。

 ただし、新たに高音質コーデックの「LDAC」に対応。SBCの3倍のビットレート(最大990kbps)でのBluetoothオーディオ転送が可能となる。

 なお、発売時点でLDACに対応する再生機は、同社の「ウォークマン NW-ZX2」のみとなる。

 また、圧縮音源を補完する「DSEE」も搭載。失われがちの高音域と消え際の微細な音を再現し、広がりのある音になる。

一見、普通のハウジングに見えるが…… タッチ操作に対応。操作方法はハウジングの内側に表記されている
一見、普通のハウジングに見えるが……タッチ操作に対応。操作方法はハウジングの内側に表記されている

 このほか、右側のハウジング部にタッチセンサーを内蔵。指でタップすると曲の再生/停止、前後になぞると早送り/早戻し、上下になぞるとボリュームのアップ/ダウンといった操作が行なえる。

 バッテリー駆動による連続再生時間は約30時間で、ケーブル接続も可能だ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン