このページの本文へ

DESIGN HTMLメール事例紹介(海外編)

マネしたくなる海外企業の美しいHTMLメールまとめ

2015年02月04日 11時00分更新

Web Professional編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

自動車


BMW

07.png

 BMWの「休日をより幸せに」キャンペーンメール。大きな写真を使い、シンプルなデザインながら目を引くデザインになっています。メインはWebサイトの「BMW Happier Holiday Event.」ページへの誘導ですが、画像付きのボタンやSNSアイコンによって他のページやソーシャルメディアへの誘導も図っています。

Ford

08.png

 Fordのメールアドレス登録キャンペーンメール。冒頭の大きなブロックでメールの概要とメールマガジンの登録を促しています。その下には、人気の高い車種の情報、新技術の紹介などのブロックを配置。読者に親しみを持ってもらえるようにしています。

Land Rover

09.png

 ランドローバーの「RANGE ROVER SPORT」の商品紹介メール。目を引く大きな写真と細い罫線、適度な余白によってすっきりと整理された、きれいなメールです。メールの下部ではキャンペーン車種に限らず、多くの車種を紹介します。

Lexus

10.png

 トヨタの高級ブランド「Lexus」の2014年8月の限定車紹介キャンペーンメール。「速さ(レーシング)」と「エコ」と相反する内容を対等に並べて多くの人に興味を持ってもらえるように構成しています。ちょっとしたトリビアをクイズ形式で紹介、Webサイトへ誘導する工夫も。

Mercedes Benz

11.png

 メルセデスベンツの登録者向けメール。キャンペーン用ではなく、Webサイトの車種紹介や概要などのコンテンツに絞ってWebサイトへ誘導しています。


IT/サービス


Apple

12.png

 アップルが登録者向けに配信した「iPad」の紹介メール。大きなiPadの写真全体がリンクになっていて、アップルのWebサイトへ誘導しています。アップルの場合、通常のメールではiPadのように1つの商品を紹介していますが、クリスマスキャンペーンなどでは「Buy now」ボタンが多用されます。

DELL

13.png

 デルが登録者向けに配信したキャンペーンメール。ユニークな天板がデザインできるノートパソコンへ誘導するメールです。ヘッダー部分は、Webサイトのように商品別のリンクが設定されていますが、1つ1つの要素が小さく、スマートフォンやタブレットでは押しづらいのがやや残念。

HP

14.png

 HPの登録者向けメール。1月に配信されたメールなので、新年の写真整理の方法などを紹介するコンテンツへ誘導しています。こちらもWebサイトのようなヘッダー、サイドメニューを配置。本文では画像ボタンではなくテキストリンクを使って軽量化を図っています。

Google

16.png

 Googleアナリティクスのアップデート告知メール。新機能、使い方のヒントなどの情報を色分けし、画像を互い違いに配置。テキストリンクにも色を付けるなど、工夫が見られるメール。

Nintendo

17.png

 任天堂のイベントへの参加を促すメール。ヘッダー部分には、ハードやソフトへのリンクを設定。一番伝えたいイベントに関する情報を大きく表示して、何を伝えたいかを明確にしています。

「スマホできれいに表示されないメールは80%の人が消す」という事実

 スマートフォンがいくら普及したからといって、そこまでスマホを意識しなくてもいいんじゃないの?と思われるかもしれません。ところが、海外では、こんな調査結果が出ています。

“With 61% Of Brand Emails Viewed On Smartphones & Tablets”
マーケティングメールの約60%はスマートフォンやタブレットで閲覧される

C01.png
出典: Marketing Land - Report: Mobile Email Consumption Continues To Surge With 61% Of Brand Emails Viewed On Smartphones & Tablets

 なんと、6割の人はマーケティングメールをスマートフォンで読んでいるのです。

“80% of people delete an email if it doesnʼt look good on heir mobile device.”
自分のモバイルデバイスできれいに表示されないメールがあったら80%の人が消してしまう

C02.png
出典:Litmus - The How-To Guide to Responsive Email Design

 スマートフォンで読めない、読みづらいメールはもはや時代遅れ。スマホでもちゃんと表示されるHTMLメールの新しい考え方「レスポンシブEメールデザイン」を解説している『レスポンシブEメールデザイン マルチデバイス時代の魅せるメルマガの作り方』(KADOKAWA刊)で、これからのキャンペンメールの考え方、作り方を学んでみませんか?

  • 著者:こもりまさあき
  • 価格:本体2,400円 (税別)
  • 発売日:2014年1月16日
  • 形態:A5型 (184ページ)
  • ISBN:978-4-04-870668-1
  • 発売:KADOKAWA

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く