このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ラスベガスでドコモの非接触決済サービス「iD/PayPass」を試してみた!

2015年01月19日 14時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 NTTドコモが提供する、おサイフケータイ対応のスマートフォンや携帯電話、FeliCaチップを搭載するクレジットカードで利用可能な、ポストペイ(後払い)型非接触決済サービスの「iD」。

 主要なコンビニや飲食店などで利用でき、かざして簡単に支払いが行なえるのはもちろん、クレジットカード同様の後払い方式で事前チャージが不要という手軽さもあって、日頃から便利に活用している。

 そして2014年2月5日から、MasterCardが世界各国で提供しているポストペイ型非接触決済サービス「PayPass」(ペイパス)と連携した「iD/PayPass」機能が拡大された。

 iD/PayPassは、ドコモがiD対応スマートフォン向けに提供している機能で、これによって海外のPayPass加盟店において、国内同様にスマートフォンを利用した非接触決済が可能となったのだ。

海外で利用したiD/PayPassの利用額に応じて、毎月最大1万円がキャッシュバックされる。キャッシュバックは海外でiD/PayPassを利用した全ての人が対象となるので、ぜひ活用しよう 海外で利用したiD/PayPassの利用額に応じて、毎月最大1万円がキャッシュバックされる。キャッシュバックは海外でiD/PayPassを利用した全ての人が対象となるので、ぜひ活用しよう

 実は現在、iD/PayPassの非常におトクなキャンペーンが実施されている。2014年10月20日から2015年4月15日までの期間に、iD/PayPassを利用して海外の加盟店舗で決済をすると、毎月最大1万円がもれなくキャッシュバックされるのだ。

 円安の進行によって、海外旅行時の渡航先での買い物など、円換算では以前より多くの出費を強いられているが、このキャンペーンを利用すれば、最大1万円引きで買い物できることになり、出費増をかなり補ってくれるはず(キャンペーンの概要や参加方法は、http://id-credit.com/idpp14second/に記載されている)。

 そこで、毎年1月初頭にアメリカ・ラスベガスで開催されている、世界最大の家電見本市「International CES」取材に合わせて、実際にラスベガスでiD/PayPassを試してみることにした。

事前の準備を忘れずに!

 海外でiD/PayPassを利用した非接触決済を利用するには、以下に示す4つの条件を満たしている必要がある。

iD/PayPassを利用するための条件

  1. FeliCaとNFC TypeA/Bの双方に対応するNTTドコモのNFC搭載スマートフォンを利用していること
  2. NFC Type A/Bの決済に対応した、ピンク色のドコモUIMカードが搭載されていること
  3. iD/PayPass対応クレジットカードを所有し、スマートフォンのiDアプリ(ver8.0以降)にそのカードの情報を設定していること
  4. スマートフォンの設定メニューで「NFC R/W P2P」をオフに設定していること

 対応スマートフォンについてはこちらのページ(https://www.nttdocomo.co.jp/service/convenience/osaifu/compatible_model/osaifu_nfc.html)で確認できる。おサイフケータイ対応スマートフォンでも、FeliCaのみ対応の機種では利用できないので注意しよう。

 ピンク色のドコモUIMカード(いわゆるSIMカード)は、NFC Type A/Bの決済に対応するために2013年2月25日から提供開始されたもので、それ以降にスマートフォンを新規に購入していれば、ほぼ間違いなくピンク色のドコモUIMカードが搭載されているはずだ。

 ただ、もしピンク色以外のドコモUIMカードが搭載されていた場合でも、ドコモショップで無償交換してもらえるので安心だ。

 iD/PayPass対応クレジットカードは、2014年10月末現在ではドコモのクレジットサービス「DCMX」が発行するクレジットカードと、オリエントコーポレーションが発行するクレジットカードの2種類となる。

 今後対応するクレジットカードが増えていくものと思われるが、現時点ではこれら2種類のクレジットカードを所有していることが前提となる。もしそれらクレジットカードを持っていないなら、海外渡航に間に合うように契約し、発行しておく必要がある。

 あとは、iDアプリにiD/PayPass対応クレジットカードの情報を登録してiD/PayPassの利用設定を行ない、スマートフォンのNFC機能設定を変更しておくだけ。これら、iD/PayPassの利用や設定に関する詳しい情報はこちらのページ(http://id-credit.com/nfc/)で紹介されているので、そちらも参照してもらいたい。

iDアプリ上部に表示されているPayPassマークの左に「有効」と表示されていれば、海外でのiD/PayPass利用設定が完了している印となる iDアプリ上部に表示されているPayPassマークの左に「有効」と表示されていれば、海外でのiD/PayPass利用設定が完了している印となる

 なお、iDアプリはセキュリティー確保のためにモバイル通信時のみ起動でき、Wi-Fi接続時には起動できないようになっている。海外渡航後でも、国際ローミングサービス「WORLD WING」を利用してLTE/3G接続すればiDアプリの設定が可能だが、できるだけ国内で済ませておくのがお勧めだ。

(次ページに続く、「使い勝手は国内での非接触決済とほぼ同じ」)

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン