このページの本文へ

ゲーミングノート最薄の15.5mm、GTX 860M搭載としっかりゲームできる性能

デザインと設計を追求した激薄ゲーミングノート「HP OMEN 15-5000」フォトレビュー

2014年12月26日 08時00分更新

文● 八尋/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本ヒューレット・パッカードが展開するゲーミングPCブランド「HP OMEN」の第一弾となる15.6型ノート「OMEN 15-5000」

 日本ヒューレット・パッカードが12月17日に発表した「OMEN 15-5000」。レーシングカーをイメージしたデザインや、オリジナルで開発したという底面吸気、背面排気の冷却設計などのこだわりが印象的な15.6型ゲーミングノートだ。そんなOMEN 15-5000が編集部に届いたので、まずは写真でチェックしてほしい。

主なスペック
機種名 HP OMEN 15-5000
CPU Core i7-4710HQ(2.5GHz)
グラフィックス GeForce GTX 860M
メモリー 8GB/16GB
ストレージ 256GB SSD
ディスプレー 15.6型(1920×1080ドット)、IPS、タッチ対応
内蔵ドライブ
通信規格 IEEE 802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.0
インターフェース USB 3.0端子×4、HDMI端子×1、Mini DisplayPort×1、ヘッドフォン出力/マイク入力端子×1、SDカードスロット
ウェブカメラ 約200万画素ウェブカメラ
サイズ/重量 幅383×奥行251×高さ15.5~19.9mm/2.15kg
OS Windows 8.1 Update(64bit)

本体正面。ゲーミングPCにしては最薄部が15.5mmとかなり薄型

 ゲーミングPCはどちらかというと性能重視で設計され、筐体が厚いモデルが多い印象がある。しかし、OMEN 15-5000は最薄部の厚さが15.5mmとかなり薄い。その上、インターフェースのほとんどを本体背面に集約。エッジ部分は底面方向に斜めとなっており、シャープでスタイリッシュなボディになっている。

 また、CPUはCore i7-4710MQ(2.5GHz)、GPUはGeForce GTX 860Mを採用。ストレージは、SATA接続のSSDと比較して約2倍高速(同社調べ)だというPCI Express接続の256GB SSDを搭載するなど、ゲームを快適にプレイするための性能もしっかり備えている。

本体底面。OMEN 15-5000の冷却ユニットはオリジナルで開発し、本体底面から吸気し背面(ヒンジ下部)から排気する機構を採用

天板にはヒューレット・パッカードのオーセンティックロゴをデザイン

本体背面に、USB 3.0端子×4、HDMI端子×1、Mini DisplayPort×1、ヘッドフォン出力/マイク入力端子×1など、ほとんどのインターフェースを集約

本体右側にSDカードスロットのみを配置。エッジ部分は底面方向に斜めにかたどられ、シャープな仕上がりになっている

レーシングカーのマフラーの「焼け」を表現したヒンジも特徴的

キーボードの左側にプログラムボタンを6つ搭載。ショートカットが割り当てでき、動きの激しいゲームにも対応できる。キーボードのバックライトの設定も可能

Beats Audioのデュアルスピーカーを内蔵。スピーカー部は音に合わせてバックライトがアニメーションする

有線LAN端子を搭載しない代わりに、変換アダプターが付属する。専用クリーニングクロスも同梱

デザイン、冷却設計、スピーカー、キーボードなど、様々な箇所にこだわりがみえる「OMEN 15-5000」

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン