このページの本文へ

α7IIからSTYLUS 1sまで、冬の最新デジカメで撮りまくる!! 第1回

EOS 7D Mark IIにD750にSTYLUS 1s、大人気デジカメを徹底チェック!

2014年12月08日 12時00分更新

文● 周防克弥

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ISO 6400ぐらいまでは常用範囲!

感度別撮影サンプル

ISO 50相当

ISO 50相当

ISO 100

ISO 100

ISO 200

ISO 200

ISO 400

ISO 400

ISO 800

ISO 800

ISO 1600

ISO 1600

ISO 3200

ISO 3200

ISO 6400

ISO 6400

ISO 12800

ISO 12800

ISO 25600相当

ISO 25600相当

ISO 51200相当

ISO 51200相当

 ノイズはISO 400くらいから出はじめてはいるが、気になるレベルになるのはISO 12800以降。ディテールの再現性はISO 6400くらいまでは常用範囲といってもいいレベルだ。さすがはフルサイズセンサーといったところか。

 ISO 12800以上はノイズや偽色が大幅に増えてしまうが、縮小すれば実用性のあるレベルに収まっている。

屋外で絞りを変えて撮影(広角側)

F4.0

F4.0

F5.6

F5.6

F8.0

F8.0

F11

F11

F16

F16

F22

F22

 24-120mm/F4レンズを使用して屋外で撮影。絞り開放からシャープだ。1段絞ってF5.6にすれば周辺まで全体的にシャープになる。

 一番解像感が高くシャープなのはF11付近で、F16を超えると若干解像感が低下してしまうのは残念。

屋外で絞りを変えて撮影(望遠側)

F4.0

F4.0

F5.6

F5.6

F8.0

F8.0

F11

F11

F16

F16

F22

F22

 中央部は絞り開放からシャープだ。周辺まで含め一番解像感が高くシャープなのはF11付近。F16以降は徐々に解像感が低下していってしまう。

目一杯絞りを開けて浅い被写界深度で撮るのはフルサイズ機ならではの楽しみの1つだ。室内で柔らかい光の中でも淡い色がしっかりと再現されている

目一杯絞りを開けて浅い被写界深度で撮るのはフルサイズ機ならではの楽しみの1つだ。室内で柔らかい光の中でも淡い色がしっかりと再現されている

遠景の解像感も高い。ホワイトバランスはオートのままだが、空や紅葉の色がはっきりと出ている

遠景の解像感も高い。ホワイトバランスはオートのままだが、空や紅葉の色がはっきりと出ている

 高性能なフルサイズ機が欲しいが価格的にちょっと手を出しにくいと考えている人や、安価なフルサイズ機では基本機能面で躊躇している人には丁度いい感じだ。

 APS-Cサイズ機ほどではないが、プロ向けのフルサイズ機よりは手軽に持ち歩くことが可能で、機能面でも劣る事が少ないのでヘビーな環境での使用にも十分対応可能。無線LANにも対応しているので、スマホからのコントロールも可能。末永く使えそうなデジカメだ。

(次ページに続く、「オリンパス STYLUS 1s」)

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン