このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

初夏のデジカメ新製品を徹底チェック! 第2回

「Nikon 1」から「STYLUS」まで最新デジカメの画質をチェック!

2014年05月15日 12時00分更新

文● 周防克弥

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 前回は注目のデジカメ新製品7機種の概要を紹介した。今回はこれらのデジカメについて、感度別撮影サンプルで個別に画質をチェックしていく。

本特集でピックアップしたデジカメたち

ソニー「α6000」。実売価格はボディーのみで6万1000円ほど

ソニー「α6000」。実売価格はボディーのみで6万1000円ほど

ニコン「Nikon 1 V3」。実売価格はボディーのみで8万1000円前後

ニコン「Nikon 1 V3」。実売価格はボディーのみで8万1000円前後

ニコン「Nikon 1 J4」。実売価格はボディーのみで6万5000円前後

ニコン「Nikon 1 J4」。実売価格はボディーのみで6万5000円前後

キヤノン「PowerShot G1 X Mark II」。実売価格は7万8000円前後

キヤノン「PowerShot G1 X Mark II」。実売価格は7万8000円前後

オリンパスのSTYLUSシリーズ最新機種「SH-1」。実売価格は3万8000円前後

オリンパスのSTYLUSシリーズ最新機種「SH-1」。実売価格は3万8000円前後

カシオ計算機「EX-100」。実売価格は8万8000円前後

カシオ計算機「EX-100」。実売価格は8万8000円前後

パナソニック「DMC-TZ55」。実売価格は3万2000円前後

パナソニック「DMC-TZ55」。実売価格は3万2000円前後

ISO 25600でも実用性アリ!
ソニー「α6000」

ソニー「α6000」

ソニー「α6000」

 まずはソニー「α6000」から。ISO 3200まではノイズが気にならず普通に使って問題ないレベルだ。

α6000の感度別撮影サンプル

ISO 100

ISO 100

ISO 200

ISO 200

ISO 400

ISO 400

ISO 800

ISO 800

ISO 1600

ISO 1600

ISO 3200

ISO 3200

ISO 6400

ISO 6400

ISO 12800

ISO 12800

ISO 25600

ISO 25600

ISO 3200(マルチショットノイズリダクション)

ISO 3200(マルチショットノイズリダクション)

 ノイズはISO 3200から見えはじめ、ISO 6400あたりでは結構目立ってくる。それでも最高感度のISO 25600でもノイズが多く、精細さはかけてくるが十分に実用はある。

 最後の「マルチショットノイズリダクション」は複数枚の写真を合成する機能で、静止した被写体でカメラが固定できる状態ならかなり暗い場所での撮影が可能だ。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン