このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」 第310回

着せ替え画面を作って遊べる!!  LGの「G Watch R」を衝動買い!

2014年11月26日 12時00分更新

文● T教授、撮影● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

自分でデザインする楽しみも!

 何より楽しいのは、Watch Makerなどのオリジナル文字盤ビルダーアプリを使用して自分専用の文字盤を創ること。

筆者お気に入りの「Watch Maker Premium」。角型と丸型、丸型ならmoto360とG Watch Rの区別を設定で指定できる優れもの

筆者お気に入りの「Watch Maker Premium」。角型と丸型、丸型ならmoto360とG Watch Rの区別を設定で指定できる優れもの

 筆者はWatch Makerの有料版(100円)である「Watch Maker Premium」を活用してオリジナルの文字盤をスマホ上で何種類か作ってみた。文字盤背景にはスマホで撮影した写真や既存のJPEG画像などを簡単に使用できる。

Watch Maker Premiumの初期画面。既成の文字版かカスタマイズ文字盤を選べる

Watch Maker Premiumの初期画面。既成の文字版かカスタマイズ文字盤を選べる

筆者がほんの1時間ほどで作ったカスタマイズ文字盤……極めて簡単だ

筆者がほんの1時間ほどで作ったカスタマイズ文字盤……極めて簡単だ

背景、表示する文字、3針のスタイル、カレンダー機能、バッテリー残量、無線感度などのほか、配置の微調整など考えられるべきことはすべてできてしまう

背景、表示する文字、3針のスタイル、カレンダー機能、バッテリー残量、無線感度などのほか、配置の微調整など考えられるべきことはすべてできてしまう

 時刻表示のデジタル、アナログの別を選択し、文字サイズや針のデザイン、秒針の有無、省エネ表示の有無、カレンダーの有無、バッテリー容量やWi-Fi感度を表示したりすることも、こと細かに設定できる。

本連載のイメージでデジタル腕時計の文字盤を作ってみた

本連載のイメージでデジタル腕時計の文字盤を作ってみた

デザインができ上がったら、「SET WATCHFACE」をタップすれば一瞬で転送される

デザインができ上がったら、「SET WATCHFACE」をタップすれば一瞬で転送される

本物の「Devon Tread1」と、G Watch R上で再現したTread1。これは勝負にならない

本物の「Devon Tread1」と、G Watch R上で再現したTread1。これは勝負にならない

MONDAINEの「Stop 2 Go Watch」……文字盤の色は撮影の関係でG Watch Rがやけに白っぽく見えるが、実際は極めて類似している。上出来の部類だ

MONDAINEの「Stop 2 Go Watch」……文字盤の色は撮影の関係でG Watch Rがやけに白っぽく見えるが、実際は極めて類似している。上出来の部類だ

これは極めてG Watch Rがよくできた例だ。1980円の超廉価版デジタル腕時計を3万円と製作時間をかけて作ってみるのも最高に楽しい道楽だ

これは極めてG Watch Rがよくできた例だ。1980円の超廉価版デジタル腕時計を3万円と製作時間をかけて作ってみるのも最高に楽しい道楽だ

 実際に自分で創ることが面倒な人なら、ウェブ上にはG Watch Rにも速攻で使えるたくさんのWatch Faceがあふれている。筆者は、すでに毎朝、腕時計の文字盤を着せ替えても、軽く1ヵ月は毎日違う腕時計をして出かけることが可能だ。

スマートウォッチの最大の魅力は
スマートな機能ではなく着せ替え!?

ここでは掲載はしなかったが、世界中のキャラクターものを文字盤に使用したものや、世界の著名腕時計のレプリカもの、オリジナルデザインや、ジョーク満載の腕時計など……着せ替え腕時計アプリ&データは、あまりパッとしないスマートウォッチの救世主だ

ここでは掲載はしなかったが、世界中のキャラクターものを文字盤に使用したものや、世界の著名腕時計のレプリカもの、オリジナルデザインや、ジョーク満載の腕時計など……着せ替え腕時計アプリ&データは、あまりパッとしないスマートウォッチの救世主だ

 初代のLGスマートウォッチが登場して早くも4ヵ月、新しいLGの丸いG Watach Rは、もはやGoogle Nowのお節介なお知らせ機能や、10回やってもただの1回も成功しない音声文字変換メール発信機能などのお世話にならなくても、十分に元がとれて楽しめる着せ替え型スマートウォッチに成長していた。

 ひょっとしたら、スマートウォッチの最大の価値あるアプリケーションは“お知らせ”ではなく、“着せ替え腕時計”じゃないだろうか!?(^_^;)

T教授

今回の衝動買い

アイテム:LG「G Watch R」

価格:海外のウェブショップにて3万8000円で購入


T教授

 日本IBMから某国立大芸術学部教授になるも、1年で迷走開始。今はプロのマルチ・パートタイマーで、衝動買いの達人。
 T教授も関わるhttp://www.facebook.com/KOROBOCLで文具活用による「他力創発」を実験中。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン