このページの本文へ

「Bizホスティング Enterprise Cloud」とコロケーションサービスを1Gbpsで接続

NTT Comがハイブリッドクラウドの検証環境を無料提供

2014年11月21日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は11月20日、プライベートクラウドサービス「Bizホスティング Enterprise Cloud」の活用促進に関する2つの取り組みを発表した。顧客のハイブリッドクラウド環境構築を支援する検証環境の無料提供と、新規契約者向けの優待キャンペーンを実施する。

 検証環境として提供される「ハイブリッドクラウドラボ」では、BizホスティングEnterprise Cloudと同社データセンターのコロケーションエリアを1Gbpsの広帯域ネットワークで接続し、同一ネットワークセグメントで利用できる。これにより、顧客がコロケーションエリアに持ち込んだ機器とクラウドとの接続検証が可能になる。

ハイブリッドクラウドラボのネットワーク構成イメージ。VLANで複数セグメント間を接続することも可能

 ハイブリッドクラウドラボを提供するのは東京、横浜、大阪の3拠点で、クラウド~コロケーション間の接続には「コロケーション接続サービス」を利用する。同検証環境は原則2週間、無料で利用できる。

 また、BizホスティングEnterprise Cloudの新規顧客向けに、特典付きのキャンペーンを2015年3月末まで実施する。他のサービス(コロケーション、VPN回線、セキュリティ)とセットで契約した場合に、BizホスティングEnterprise Cloudの初期工事費用や月額利用料が無料になるなどの特典がある。

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ