このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

誰でも参加できる懸賞もスタート

林先生また流行語狙う? 新Office搭載PCキャンペーン開始

2014年11月12日 15時58分更新

文● 西牧裕太/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「スゴい!」で「もしかしたら2回目の流行語大賞いけるかもしれない」と語る林先生

 ウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアム(以下、WDLC)は11月12日、「Office Premium プラス Office 365 サービス」搭載パソコンの販売推進を目的とした「新しいOffice搭載パソコンはスゴい!」キャンペーンを開始すると発表した。キャンペーンは本日からスタートで2015年1月12日まで。

 WDLCはWindows搭載パソコンや周辺機器の普及促進団体で、現在112の企業が参加している。そのWDLCが、10月17日に発売した新Officeの魅力をユーザーに伝えるためにキャンペーンを始める。

 主な内容は3つで、「東進ハイスクールの林修先生がOffice搭載パソコンのポイントをわかりやすく解説」「誰でも参加できる懸賞」「パソコン購入者対象にクーポンが当たる」というのもの。

 スタートに先駆け、日本マイクロソフト 執行役 コンシューマー&パートナーグループOEM統括本部長の金古 毅氏が登壇し、「昨年はWindows XP終了に合わせ、買い替えの後押しができた(関連記事)。今年は林修先生に推進大使となってもらい、この年末商戦を盛り上げたい」と述べた。

 今後、林先生は「新しいOffice搭載パソコン推進大使」に就任。Office搭載パソコンのスゴい! ポイントを伝えていくという。

金古氏はキャンペーンに必要なものとして「わかりやすいメッセージ、親しみやすいキャラクターが必要」を挙げた。林先生はまさにぴったりな人材なのだろう
昨年も林先生が登場し、パソコンの販売員に扮して盛り上げた
発表会場で就任式を開催

新Officeの魅力がわかる5つのポイント

とにかくスゴい! を推していくようだ

 続いて登壇した日本マイクロソフト 執行役 コンシューマー&パートナーグループ オフィスプレインストール事業統括本部長の宗像 淳氏は新Officeについて「日本のパソコンが変わる」と意気込む。また「新しいパソコンを買いたくなる魅力が満載。XP/Vista搭載のパソコンとはまったく別物だ」と述べ、林先生に新Officeの魅力を伝授した。

新Officeのスゴい! ポイントは5点。まず最初に挙がったのが常にアップデートされた最新版を使える点だ
次にOneDrive。今後は容量が無制限になることがアナウンスされており、宗像氏いわく「大きな倉庫を持てる」とのこと。林先生は「信頼するスタッフと共有したい、ですがほかの先生にはあまり共有したくないですね」とコメントし、会場の笑いを誘った3点目はスマホやタブレットでも使えることを挙げた。自称日本で最も移動距離が長い予備校講師、林先生にとってもうれしいようだ
4点目はSkypeで毎月60分無料通話可能なこと。固定電話や海外にも電話がかけられると知り、驚く林先生最後が何度でも利用できるテクニカルサポート。これまでの「最初のコールから90日間まで利用可能」から一気に使いやすくなった印象だ

(次ページでは、「誰でも参加できる懸賞もスタート」

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン