このページの本文へ

「Fnatic」最高責任者Patrik "cArn" Sättermon氏がブース出展記念で来日

EIZO、TGS2014にプロゲーマーと対戦交流できるブースを出展

2014年09月19日 17時25分更新

文● 八尋/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
EIZOが東京ゲームショウ2014にて、エムエスアイコンピュータージャパン、SteelSeries APSと共同でブースを出展

 EIZOは、9月18日から21日まで開催される東京ゲームショウ2014にて、エムエスアイコンピュータージャパン、SteelSeries APSと共同でブースを出展する。

 共同ブースでは、「Alliance of Valiant Arms」、「League of Legends」、「Battlefield 4」、「World of Tanks」、「Tera」、「Counter-Strike Global Offensive」がプレイ可能だ。

各企業が販売するデバイスを使用してゲームがプレイ可能

 また、3社がスポンサードするプロゲームチーム「Fnatic」の最高責任者のPatrik "cArn" Sättermon氏がブース出展を記念して来日。「Alliance of Valiant Arms」で活躍するクラン「DeToNator」や「Galactic」の選手も参加する。

 9月20日は、ゲームショウ内の「ゲームの電撃」ブースにて、Patrik "cArn" Sättermon氏が「Counter-Strike Global Offensive」を、AVAクランがAlliance of Valiant Armsをプレイする予定。一般参加者を交えてのAVA対戦会や、AVAやFnaticのグッズが当たるジャンケン大会も開催する。

 9月21日には、Patrik "cArn" Sättermon氏とCounter-Strike Global Offensiveでの対戦交流会を実施予定。質疑応答や、ジャンケン大会も用意する。

ブースでは、240Hz駆動のゲーミングモニター「FORIS FG2421」や、4K解像度に対応する31.5型モニター「Flex EV3237」などでゲームがプレイできる
一般公開日には、DeToNatorやGalacticとの協力プレイや対戦が可能

 そのほか、両日ともDeToNatorやGalacticとの協力プレイや対戦が可能。会期中に来場すると、AVAプレイ毎にゲーム内で使用できる5000ユーロのクーポンをプレゼントする。

 ブースでは、一般ユーザーが遊べるイベントが多く用意されているので、東京ゲームショウ2014に行く際はのぞいてみてはいかがだろうか。

9月20日のイベント詳細

  • 10時~10時半
    「東京ゲームショウ “ゲームの電撃“ブースにゲスト出演」
  • 13時~14時
    「Alliance of Valiant Armsでの対戦交流会」
  • 15時~16時
    「Counter-Strike Global Offensiveでの対戦交流会」

9月21日のイベント詳細

  • 11時~12時
    「第9ホールで開催予定のAlliance of Valiant Arms国際試合に特別ゲスト出演」
  • 15時~16時
    「Counter-Strike Global Offensiveでの対戦交流会」

20日、21日共通のイベント詳細

  • 10時~17時まで
    「Alliance of Valiant ArmsクランDeToNator & Galacticとの対戦交流会」

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ