• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

1363タイトル、過去最多の421企業が出展! 東京ゲームショウ2014開幕

2014年09月18日 17時00分更新

文● 太田/ASCII.jp編集部

 国内最大級のゲームイベント「東京ゲームショウ2014」が今日18日から幕張メッセで開催されている。18~19日はビジネスデイで、一般公開は20~21日。入場料は1200円で、小学生以下は無料。

昨年がハードウェアの年なら、今年はソフトウェアの年だ。各社イチオシのタイトルが出展されている

過去最多の421企業が出展!

 今年はPS4やXbox Oneなど新世代のゲーム機が発売された、最初の年のゲームショウとなる。自社のタイトルをアピールすべく、32の国と地域から過去最多となる421企業と団体(国内219社、海外202社)が出展している。

ソニー・コンピュータエンタテインメントブースではPlayStation 4対応ソフトのプレイアブルのほか、PS4専用のVRディスプレー「Project Morpheus」も体験できた

「Xbox One」が発売されたばかりのマイクロソフトブース

「ファイナルファンタジー零式 HD」のプレイアブルや久しぶりにPSプラットフォームからリリースされる「ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城」の映像が楽しめるスクウェア・エニックスブース

ウォーゲーミングジャパンブースでは、オンライン海戦ゲーム「World of Warships」とアニメ「蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-」のコラボレーションが発表された

DMMゲームスは今年がTGS初出展!

おなじみキャバ嬢が待っているのはセガブース

最大の激戦区になるかも? モンスターエナジーブースは今年も出展!

■関連サイト

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう