このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

最新小型ベアボーンPC活用術第1回

手のひらサイズにミドルクラスGPU! ロマン溢れるBRIX Gaming

2014年09月16日 17時00分更新

文● 林 佑樹(@necamax

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NUCをはじめとして、手のひらサイズのベアボーンはすっかり定着した。メインPCのようにヘビーな作業を実行できる性能ではないが、ミドルクラスのパフォーマンスであれば、Core i7を搭載する製品もあり、ひと昔前ならデスクトップ機でないと対処できなかった作業も、そういった小型PCでOKな時代になっている。本特集では、最近発売された注目の小型ベアボーンをレビューしていく。

BRIX Gaming

 ASCII.jp読者諸氏においては、9割くらいが衝動買いをしていると思うNUCをはじめとする小型PCベアボーン。それに共通する弱点は、GPU性能の弱さだと感じているはずだ。当然ながら物理的な容量の問題でGPUを搭載できないからであり、諦めるほかない要素である。

 だが、そこを強引に売っちゃった製品が登場した。GIGABYTEのBRIX Gamingこと「GB-BXI5G-760」である。デスクトップ向けのNVIDIA GeForce GTX 760を搭載した「変態PC」であり、圧倒的な近未来感を持つベアボーンでもある。そんな同機の性能をねちねちとチェックしてみることにした。なお先に記しておくが、カジュアルなPCユーザー向けではない。

容量0.88LのウルトラコンパクトゲーミングPC

 「GB-BXI5G-760」は、上記の通り、手のひらサイズの小型PCベアボーンだ。公式サイトを見るとウルトラコンパクトとあり、スペックシートからしてもその通りといえ、さらに付け加えるならばウルトラコンパクトゲーミングPCといってもいいだろう。

 本体サイズは128×114.5×59.6mmで、他のBRIXシリーズよりも背が高くなっている。当然、これはNVIDIA GeForce GTX 760を搭載しているためだ。搭載されているCPUは、Core i5-4200H。メモリーはDDR3Lスロット(1333/1600MHz)×2で、最大16GBまで。

 ストレージはmSATA×1、2.5インチストレージの搭載に対応しているため、システムをmSATAに割り当て、データ置き場として2.5インチHDDを選ぶこともできる。なおDDR3Lとあるが、低電圧版でないメモリーモジュールでの動作を確認しているので、使い回しに際して気にする必要はないだろう。

本体正面。マイク・ヘッドフォン端子、USB 3.0×2を備える本体背面のインターフェースはmini HDMI×2、mini DisplayPort×1、有線LAN、USB 3.0×2という構成だ
本体底面。BRIXシリーズではおなじみである裏フタを開きやすくするハンドルがある側面から内部構造がチラ見できるのが実にいい
電源スイッチは天板部にあるACアダプターは、本体よりも奥行きがある。GPUも搭載しているので仕方ない部分だ

 そのほかのインターフェースを見てみると、USB 3.0×4、IEEE 802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.0、有線LAN、ヘッドフォン・マイク端子となっている。ワイヤレス機能はMini-PCIeカード接続であり、延長ケーブルでGPU増設といった、やんちゃな改造にも応えてくれるだろう。

 さて、ケーブル回りを見て注意したいのが出力端子だ。mini HDMI×2、mini DisplayPort×1となっており、デスクトップ中心の環境からの場合、変換アダプターが必要になる。といっても、最近のビデオカードには変換アダプターが同梱されているケースが多いため、事前に自宅にあるビデオカードの箱をチェックしておくといい。

ギガバイトからのメッセージを感じる内部構造

 ベアボーンキットに属するため、組み立て自体は至極カンタンになっている。必要なものは、メモリーとストレージの2つ。底面からアクセスして取り付けるだけであり、自作PCを一度でも組み立てた経験があれば、苦戦をする要素は皆無といえる。

 自作PCへの入門としてベアボーンは事故率も低く、揃えるものも少ないため、ここでは取り付け過程を見ていこう。用意したものは、余っていたDDR3(1333MHz)8GB×2とCFD「CSSD-S6T128NHG6Q」のふたつだ。

裏フタから内部にアクセスしたところ。標準的なレイアウトになっているが、5cmファン×2の存在がけっこう大きい2.5インチストレージをマウントするユニットは独立している
メモリを取り付けたところ。手間取る人は少ないだろう

 メモリーとストレージの取り付けがスムーズに進むのは、そのほかのBRIXシリーズと同じ。ただし、本製品はデスクトップ向けのGPUを搭載しており、内部構造がどうなっているのか気になるところだ。そんな好奇心を意識しているのか、内部はとてもカンタンな作りになっている。

 大半の超小型PCベアボーンの筐体は、半一体成形になっており、マザーを取り外すのも面倒なことが多いのだが、本機の場合は背部インターフェース部を取り外せるため、そのあたりはとても快適。「自作PCなキミタチは好きにアプローチしていいぞ!」的なメッセージを感じてしまった。

背部インターフェース部のパネルを外したところ。ゴツい銅製ヒートシンクがかっこいい。HDMI端子も確認できるが、これはオンボード出力のもの。UEFI側で無効化されているので、デフォルト状態のままだとOS側では検出されない

 後述するが、5cmファン×2とデスクトップ向けGPU、超小型ケースの時点で騒音と発熱はステキなものなので、基板だけ引っこ抜いて好きなケースに入れるのも想定されているのではないだろうか。というか、次ページから触れるベンチマークや熱の検証結果を見ると、まず基板を引っ張り出してどうこうしたくなるだろう。

真横から見てみるとマザーボートとGPUの位置関係がよくわかる。それにしても強引な構造だなぁ……

→次のページに続く (小型ゲーミングPCとしては最強の性能?

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中