このページの本文へ

GIGABYTE「9シリーズ 超耐久ゲーミングマザー 徹底解説&OCに挑戦」

CPUクーラーが搭載できないマザーや新型BRIXが登場したGIGABYTEイベント

2014年07月19日 23時22分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 19日(土)、ツクモパソコン本店4階フロアーで、GIGABYTEによるイベント「9シリーズ 超耐久ゲーミングマザー 徹底解説&OCに挑戦」が開催された。小型PC「BRIX Gaming」も登場した会場の様子をリポートしよう。

GIGABYTEによるイベント「9シリーズ 超耐久ゲーミングマザー 徹底解説&OCに挑戦」が開催。会場内はご覧の通り満員御礼状態だ

 イベントのメインはGIGABYTEの簡易オーバークロック機能「GIGABYTE Easy Tune」を使ったOCデモ。Pentium生誕20周年を記念したCPU「Pentium G3258」と、マザーボード「GA-Z97X-UD3H-BK」を使って、メーカー担当者がオーバークロックにチャレンジした。

 あらかじめ用意されたプリセットから、一番クロックが上がる「Extreme」を選択。結果はご覧の通りで、4.6GHzでベンチマークを完走。安定動作するところまで披露された。ほぼワンボタンと非常に手軽なため、特にOC初心者にとっては魅力的な機能だろう。

GIGABYTEの簡易オーバークロック機能「GIGABYTE Easy Tune」を使ったOCデモでは、あっさりと「Pentium G3258」が4.6GHz到達。安定動作するところまで披露された

 もうひとつの注目は、日本初披露となった小型PC「BRIX Gaming」。GPUに「GeForce GTX 760」を搭載する、その名の通りゲーミング向けのBRIXだ。会場内では自由に操作できる状態で展示されており、3DMarkなどのベンチマークを走らせて挙動をチェックしたり、担当者へ質問したりと熱心なユーザーの姿が多く見られた。

 そのほか、こちらもCOMPUTEX TAIPEI 2014で公開された極冷オーバークロック向けマザーボード「Z97X-SOC FORCE LN2」のサンプルも登場。発売時期や予価は不明ながら、国内での販売が予定されていることが明らかにされた。

日本初披露となった小型PC「BRIX Gaming」。GPUに「GeForce GTX 760」を搭載するハイエンドモデルで注目度は高い。担当者によると「発売は近い」とのこと
極冷オーバークロック向けマザーボード「Z97X-SOC FORCE LN2」。OCに不要なものは一切排除。CPUクーラー取り付け用の穴がないほか、メモリスロットは2本までになっている

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中