このページの本文へ

本体の厚みは20mmのスリムな筐体

RAID 0で読込1000MB/s超の15.6型ノート「Critea VF-HE3」-ドスパラ

2014年09月11日 19時00分更新

文● 花茂未来

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Critea VF-HE3」

 サードウェーブデジノスは9月11日、M.2接続のSSDを2基、RAID 0構成で搭載し、シーケンシャルリード1000MB/sを実現した15.6型ノートPC「Critea VF-HE3」の販売を、価格22万9980円(税別)で開始すると発表した。

 主なスペックは、4コア/8スレッドのCore i7-4710HQ(2.5GHz/3.5GHz)、HM87チップセット、16GBメモリー、128GBのM.2接続SSD×2、1TB HDD、GeForce GTX 860M、Windows 8.1/Windows 7など。

 無線通信機能としては、無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)と、Bluetooth 4.0に対応。ディスプレーはノングレアで、1920×1080ドット表示の15.6型だ。本体サイズは幅390×奥行き266×高さ20mmで、重さはバッテリー込みで約2kgとなる。

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ