このページの本文へ

上位入賞なるか!? コスプレと自転車が楽しめるGSRカップに参加!

2014年09月08日 22時58分更新

文● 太田/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「9月6日にGSR(グッドスマイルレーシング)がコスプレしてサーキットを走るイベントが主催するんだけど出ない?」

 と、ASCII.jpとグッドスマイルレーシング広報の二足のわらじを履き、スマホ担当であるスピーディー末岡に「GSR CUP CYCLE RACE 2014」(GSRカップ)の話を持ちかけられたのが7月の頭。実はASCII.jpでは過去に二度ほど富士スピードウェイで開催されたママチャリ耐久レース(2009年2011年)に出走した経歴があり、筆者自身も最近ロードバイクを購入したばかり。富士のふもとでは、それぞれ1周しかしなくてヘタレ呼ばわりされていたが、ここは汚名を返上するチャンス。早速、社内でチームメンバーを募集してエントリーしたのだった。

アニメと自転車にここまでの親和性があるとは!

ミニライブやアニソンDJ
販売コーナーもある何でもありのサイクルレースだった

 GSRカップは、アニソンDJが音楽と流したり、サウンドユニット「MOSAIC.WAV」のミニライブも開催されるアニソン尽くしのサイクルイベント。アニメ、コミック、ゲームコンテンツ作品をモチーフにしたサイクルジャージを着用またはコスプレをしないといけなかったのだが、物販コーナーではサイクルジャージも販売されていたので、メットとグローブ(と自転車)さえ用意していれば即着て参加! というも可能なイベントだった(詳しくは規約を参照)。

参加者はご飯と味噌汁、フランクフルトは食べ放題!物販コーナーではサイクルジャージやアームカバーなども販売されていた
アニソンDJが会場を盛り上げるレッドブルカーも来た
今回はメンバー持ち込みの自転車に加えて、こちらのレーシングミク仕様のミニベロもお借りしました

 用意されていた競技は、規定の周回数を走り、ゴールするまでの所要時間を競う「クリテリウム」、走行した周回数およびゴール着順により順位を競う「2時間耐久レース」と「3時間耐久レース」、そして2時間と3時間を合わせた「5時間耐久レース」。我々が出走したのは、「5時間耐久レース」。せっかくだからたくさん走ろうという意味でチョイスしたのだが……。

出走前にタイヤの空気圧のチェック中
レーシングミク仕様のサイクルジャージをグッドスマイルレーシングにお借りした。なかなかに痛いが参加者全員痛ジャージなのでまったく恥ずかしくない!
いざコースの試走に出発するASCII.jpメンバーズ
ASCII.jpでも何度か掲載したことのキクミミさんも出走していたマインクラフトのクリーパーの被り物をして出走する参加者も
新東京サーキットは1周約936m。極端な斜度は無いが、コーナーが多いのでなかなかにテクニカルなコースだ
筆者は愛車であるTREKのアルミロードバイクで出走技術部のナリシマも参戦。ビアンキのクロスバイクだ
編集部ナカムラはシクロクロスで参戦最年少の編集部マツノは前述のミニベロで出走した
イベント主催グッドスマイルカンパニーの安藝社長も参戦していた
レーシングミクサポーターズに水をかけてもらうというご褒美も!
「SUPER GT」でおなじみのミクグッズの祭壇も

会場の様子

結果は23位の大健闘!(27位中だけど……)

 5時間走った結果をお伝えしておくと27位中の23位だった。ただ、言い訳をさせていただくと我々のチーム構成は、ロードバイク、クロスバイク、ミニベロ、シクロクロスという超混成チームの上、普段自転車自体乗らないメンバーがほとんどだった。その上で1回も走らない時間を作らず5時間走りきったので満足感でいっぱいだ。GSRカップは第2回も開催するとグッドスマイルカンパニーの安藝社長が明言していたので、今回のことで興味を持った読者がいればぜひ参加していただきたい! もちろん我々も参加する予定だ。

総合的に大満足のイベント! 次回もまた参戦したい

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ