このページの本文へ

企業において文書や画像、数値データなどを取り扱う1548名を対象に実施

54.8%が違反! トレンドマイクロが企業のデータ取り扱いの調査結果を公開

2014年08月01日 20時25分更新

文● 花茂未来

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

過去1年間において、勤務先から禁止されているツールを利用して、社外と業務データのやりとりをしたことがありますか?という質問に対する回答の内訳

 トレンドマイクロは7月31日、2014年6月に企業において文書や画像、数値データなどを取り扱う1548名(IT管理者510名、従業員1038名)を対象に実施した調査「企業における業務データ取扱い実態調査 2014」を公開した。

 本調査では、「禁止されているツールで社外とのデータのやりとりをした経験がある」人は54.8%という結果を報告している。企業ではセキュリティポリシーにより、USBメモリーやオンラインストレージなどの利用を制限・禁止している場合がある。今回の調査対象のうち、企業側から外部とのデータのやり取りでこうしたツールの使用を明示的に禁止されていたのは476名。その54.8%が、禁止ツールを過去1年以内に利用したことがあると回答している。

 また、企業内の業務データについて、従業員1038人のうち「自分の担当外の業務データにアクセスした」経験があると回答したのは13.8%、「社外持ち出し不可のデータを、自宅作業等のため持ち出した」と回答したのは7.9%、「退職時にデータを持ち出した」経験がある人は4.4%(複数回答)だった。

勤務先において、データ共有ツールの利用を制限するだけでなく、社内外に大容量ファイルを安全に共有できる代替ツール・システムを導入する必要があると思いますか? という質問に対する回答の内訳

 しかし利便性の問題により、社外とのデータ共有ツールを望む声も多く、従業員1038人中「非常にそう思う」と「ややそう思う」と回答した人は合わせて78.8%にのぼった。一方IT管理者510人へのアンケートでは、そうしたデータ共有ツールにおける現状の解決策を「検討している」と回答したのは40.4%だった。

 本調査によると、多くの現場で企業のセキュリティポリシーに違反し、利便性重視のデータの取り扱いをしているようだ。同社ではそのような利便性に配慮したセキュリティ対策ソリューションを引き続き提供していくとのこと。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン