このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

クラウド時代を象徴する、Chromebook特集 第2回

Chromebookをめぐる勢力を整理、国内では現在3社が製品発表

199ドルWindowsパソコンも、激化する低価格PC戦争

2014年08月24日 12時00分更新

文● 松野/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

第1回に続き、Chromebookをめぐる状況を整理していく。まずはハードの状況。国内展開が発表されている各メーカーのChromebookと競合勢力について紹介していこう。

「Acer Chromebook C720」

一番乗りは日本エイサー、すでに導入事例も

 日本エイサーの「Acer Chromebook C720」は7月16日に国内投入。日本初のChromebookとなった。すでに国内でも10以上の教育機関に導入済みで、東京都の広尾学園では昨年からトライアルを実施していたという。海外ではメモリーやストレージ容量の異なる数モデルを販売しているが、日本版は4GBメモリー・16GB SSDモデルのみだ。

主なスペック
製品名 Acer Chromebook C720
販売価格 オープン
CPU Celeron 2955U(1.40GHz)
メインメモリー 4GB
ディスプレー(最大解像度) 11.6型(1366×768ドット)
グラフィックス機能 インテル HD グラフィックス(CPU内蔵)
ストレージ 16GB SSD
カメラ 720pHDウェブカメラ
光学式ドライブ -
通信機能 無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n)、Bluetooth 4.0
インターフェース USB 3.0端子×1、USB 2.0端子×1、HDMI端子×1、セキュリティースロット×1
カードスロット SDカードリーダー
バッテリー駆動時間 最大約8.5時間
本体サイズ/重量 約幅288×奥行204×高さ19.05mm/1.25kg
OS Google Chrome OS

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン