このページの本文へ

Googleカレンダーからの招待や会議室の追加が可能

Web会議パッケージ「Chromebox for meetings」日本投入

2014年07月30日 13時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 7月30日、グーグルは企業向けのビデオ会議製品である「Chromebox for meetings」を発表した。Chrome OS搭載の小型PCであるChromeboxに会議に必要な機能を搭載。通常の会議システムの1/10という価格を実現したという。

 Chromebox for meetingsは、Google+ハングアウトとGoogle Appsを搭載したChromebox、高解像度のカメラ、マイクおよびスピーカーユニット、リモコンなどをワンパッケージ化した会議システム。TVやモニターに接続することで、数分で設営でき、設定もすべてWeb上の管理コンソールから行なえるという。また、Google Appsと統合されており、他のメンバーを招待したり、カレンダーからTV会議の部屋を追加することも可能になっている。

Web会議に必要なシステムをパッケージ化した「Chromebox for meeting」

 利用はリモコンのクリックのみで行なえ、ダイヤルイン番号やパスコード暗証番号の入力は不要。ノートPCの画面をワイヤレスで共有することも可能になっている。最大15カ所から接続でき、ハングアウトでサポートされているPCやタブレット、スマートフォンなどからも利用できる。

 Chromebox for meetingsは、グーグルのエンタープライズ部門が主催した「Atmosphere Tokyo 2014」でも披露され、モバイルデバイスとの利用やGoogleカレンダーとの連携などがデモで行なわれた。

モバイルからの利用も可能Googleカレンダーからの追加も可能

 販売価格は15万円(メーカー希望小売価格)で、他社のWeb会議システムに比べて1/10という低価格を謳う。この中にはWebの管理コンソールの利用料が3万5000円/年が含まれている。

「Chromebox for meetings」のパッケージ内容

初出時、Chromebox for meetingsの「s」が抜けておりました。また、Web管理コンソールの利用料が別途必要と記載しましたが、販売価格15万円の中に含まれているとのこと。お詫びし、訂正させていただきます。本文は訂正済みです。(2014年7月31日)

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ