このページの本文へ

最上位モデルが登場

新型ヘルシオは焼魚と茶わんむしが同時に作れる!

2014年07月29日 19時05分更新

文● ナカムラ/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
シャープがヘルシオの新製品を発表。

 シャープは7月29日、ウォーターオーブン「ヘルシオ」シリーズの新製品を発表した。

 ラインアップは、最上位モデルの30L「AX-XP100」、子育てファミリー向けの30L「AX-GA100」、シニア向けの26L「AX-SA100」、シングル層や2人世帯向けの18L「AX-CA100」の4機種。

上段、最上位モデルの30L「AX-XP100」、下段左から、子育てファミリー向けの30L「AX-GA100」。シニア向けの26L「AX-SA100」、シングル層や2人世帯向けの18L「AX-CA100」。

 AX-XP100は、上段は焼き料理、下段は蒸し料理を同時に調理できる新開発の「3ドライブパワーエンジン」を搭載。焼き料理と蒸し料理を組み合わせることで栄養バランスのよい食事をとることが可能になり、料理の時間短縮もできるという。

 庫内の幅は約41cmと、従来機より約5cm拡大しながら、本体の奥行き約43cmと従来機比約22%削減し、省スペース性を実現したとしている。

最上位モデルのAX-XP100。庫内の幅は約41cm。

 全機種に、健康食の宅配サービスを運営するファンデリーと共同開発した「ヘルシー食セット」メニューを搭載。糖尿病、高血圧症、脂質異常症、痛風、腎臓病などの持病を抱えた人向けのメニューも作れるという。

新開発の「3ドライブパワーエンジン」を搭載し、過熱水蒸気やスチームなどを細かく制御することで、焼き料理と蒸し料理の同時調理が可能。
上段で焼き料理、下段で蒸し料理を実演。ひと家族分の食事も、1回の加熱で作れそうだ。

 AX-XP100とAX-SA100は、カラー液晶を搭載し、イラストや写真とともにメニューをわかりやすく表示する。さらにロボット掃除機「ココロボ」にも採用されているココロエンジンを搭載し、音声でおすすめメニューを提案したり、使い方のヒントを教えてくれる。

発表会では実際にヘルシオで調理した焼売、春巻き、野菜の試食も。パプリカが若干苦手だったが、蒸気で調理したため甘味が増していて、食べやすいと感じた。

 発売日は、AX-XP100が9月25日で、その他の機種は8月8日。予想実売価格はAX-XP100が16万円前後、AX-GA100は11万円前後、AX-SA100が10万円前後、AX-CA100が6万円前後。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン