このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

アスキー・ジャンク部リターンズ ― 第58回

ブルーベリー味のRed Bullが登場

味は? 成分は? Red Bull ブルーエディションの疑問を解決!

2014年06月27日 18時00分更新

文● アスキー・ジャンク部リターンズ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

国内では3種類目となる
「Red Bull ブルーエディション」

 「エナジードリンクといえば?」と聞かれれば、多くの人は「Red Bull」と答えるだろう。知名度といい、店頭で目にする機会といい、Red Bullは今やエナドリの代表格といっても過言ではない。

 味にも同じことが言える。ASCII.jp編集部のエナドリ番長・スピーディー末岡は、「Red Bullは味、飲みやすさ、エナジーさ、そして量と、すべてにおいて一番バランスが取れている」と語る。あのケミカルな炭酸こそ、「エナドリの味だ」と思う人は少なくないはずだ。

 そんなRed Bullに、新顔が登場した。レッドブル・ジャパンが6月10日から全国のコンビニエンスストアで数量限定販売している、「Red Bull ブルーエディション」だ。価格は205円。

「もう飲んだ?」といった仕草でアピールするASCII.jpのエナドリ番長・スピーディー末岡。彼は発売日にさっそく飲んでいた

 その名の通り、Red Bullのブルーベリーフレーバー版。フランスやドイツなど一部ヨーロッパではすでに販売されていたが、国内では通常のRed Bull、2012年に発売されたノンシュガーの「Red Bull シュガーフリー」に続き、3種類目のレッドブルとして販売される。

 多数のメーカーがエナジードリンクを出している昨今。日本国内メーカーでも、女性向けをうたうものや(関連記事)、和風を打ち出すものなど(関連記事)、バリエーションは多種多様だ。

 また、エナドリ界のライバルともいえる「Monster Energy」や「burn」なども、様々なフレーバーを販売し、市場を賑わせている。エナドリ界の大御所としては、ブルーエディションを発売することで対抗措置を取っておきたい……といったところか。

「でも、普通のRed Bullと何が違うんだろう」と思った人もいるだろう。今回はその疑問を解決していく

 しかし、「店頭に並んでいたのは見たけど、おいしいの? 変な味だと嫌だな……」と飲むのをためらっている人や、「味が違うのはわかるけど、普通のRed Bullと成分は違うの?」と疑問が浮かんでくる人もいるだろう。そこで今回は(というか、今回も)、スピーディー末岡とアスキー・ジャンク部のコジマが実際に飲みながら、疑問を解決していこう。

エナドリ大好きな俺たちが検証するぜ! いつもお前らじゃないか、というツッコミはなしの方向で……

(次ページでは、ブルーエディションを味わう!)

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ