このページの本文へ

東芝 片岡氏が仕掛ける! REGZAでTポイントがたまる仕組み

2014年06月10日 14時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ
4Kテレビ「REGZA Z9X」で「TimeOn」を表示。クラウドベースなので2012年発売の「REGZA Z7」でも最新サービスが利用可能だ

 東芝ライフスタイルは、液晶テレビ「REGZA」向けクラウドサービス「TimeOn」においてカルチュア・コンビニエンス・クラブの「Tポイント」と連携する機能を6月10日から提供する。

6月10日以降にTimeOnを立ち上げると、メニューの左下に「Tポイントためよう!」ボタンが追加される 6月10日以降にTimeOnを立ち上げると、メニューの左下に「Tポイントためよう!」ボタンが追加される

 新たに利用可能になるのは、TimeOnで指定された条件(キャンペーン)を満たすことでTポイントが貯まるサービス。事前に利用登録が必要で、登録料などは無料だが、TポイントサービスのIDが必要だ。

まずは左上の利用手続きを選択 QRコードが表示されるので、これをスマホなどで読み取り、利用登録(Tサイト)を行なう
まずは左上の利用手続きを選択QRコードが表示されるので、これをスマホなどで読み取り、利用登録(Tサイト)を行なう

 TポイントのIDと機器のIDを紐づけるため、TimeOnのIDは必要ない。対応機種はTimeOnが利用できるREGZA(2012年秋以降発売のTimeOn対応REGZA)で、1つのTポイントIDに最大3台までの機器を登録できる。レコーダーは非対応となる。

登録するだけで200ポイントをゲット(抽選で1000ポイントになる) さらに先着2万名に「TSUTAYA TV」で使える540ポイントを付与
登録するだけで200ポイントをゲット(抽選で1000ポイントになる)さらに先着2万名に「TSUTAYA TV」で使える540ポイントを付与
「Tポイントためよう!」メニューにアクセスすると抽選(毎週1000名)で10ポイントゲット TimeOn上の動画CMを見てアンケートに答えることで1ポイントゲット
「Tポイントためよう!」メニューにアクセスすると抽選(毎週1000名)で10ポイントゲットTimeOn上の動画CMを見てアンケートに答えることで1ポイントゲット
TimeOnの「おすすめ番組」の1位、2位のいずれかを視聴すると30ポイントゲット USB HDDを接続し、録画機能を有効にすることで200ポイントゲット
TimeOnの「おすすめ番組」の1位、2位のいずれかを視聴すると30ポイントゲットUSB HDDを接続し、録画機能を有効にすることで200ポイントゲット

 6月10日から6つのキャンペーンがスタート。TポイントIDを登録するだけで200ポイントが加算され、さらに抽選(100人に1人)で800ポイントが加算される。そのほか、TimeOn上で動画CMを見てアンケートに答えたり、指定のテレビ番組を見たり、REGZAにHDDを接続したりすることでポイントが加算される。

 なお、キャンペーンには期間が設けられており、今後1ヵ月単位で入れ替えていくという。

サービスという切り口でテレビの利用頻度を上げる!

東芝ライフスタイルの片岡秀夫氏(左)とカルチュア・コンビニエンス・クラブの増田慶太氏(右)
東芝ライフスタイルの片岡秀夫氏(左)とカルチュア・コンビニエンス・クラブの増田慶太氏(右)

 東芝ライフスタイルのビジュアルソリューション事業本部 VSクラウド&サービス推進室 室長の片岡秀夫氏によれば、今回のサービスはもともとVODサービスの「TSUTAYA TV」の利用頻度を上げるため、TimeOnとのID共通化の話からはじまったとのこと。

 このID共通化の話は現在のところ実現していないが、「テレビまるごとでポイントが貯められるようになれば……」という発想から、カルチュア・コンビニエンス・クラブと協議し、今回のサービスが実現した。

 TimeOn自体が、一般のユーザーが使うにはまだ敷居が高めということで、同氏は「奥様とか普通の人とか、もっとカジュアルな人に使ってほしい。そういったところをなんとかするためにサービスという切り口でテレビの使用頻度を上げたい」と語り、TimeOnサービスの拡充に意欲を示した。

 また、カルチュア・コンビニエンス・クラブ 企画部 メディア企画ユニット ユニット長 増田慶太氏は「家庭の生活の中心はテレビ」であり、そこでTポイントを貯められることの意義を強調した。

 なお、キャンペーンの主体(提供者)は自由に変更できるようになっている。つまり、このサービスは2社だけに留まらず、例えば動画CMのPVアップなど、ほかの企業の参加も見据えている。

 さらに、両社とも今回の技術(REGZAにおいて特定の条件でポイントを加算する技術や、カルチュア・コンビニエンス・クラブにおいて機器のIDとTポイントIDを紐づける技術)をベースとして、他社との協業も検討していくとのことだ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン