このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

PCパーツ人気ランキング&店員も欲しがる旬なパーツ(4月23日~5月25日)

【売上ランキング】今最もアツいベアボーンの売れ筋をチェック

2014年05月28日 20時30分更新

文● 藤田 忠

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
パーツストリート
PCパーツの売れ筋ランキングと、店員オススメのパーツを隔週で掲載する

 毎週、新製品が登場するアキバのPCパーツショップ。そんなPCパーツの売れ筋ランキングと、日々パーツに接しているPCパーツショップ店員が自信を持ってオススメする旬なパーツを掲載する本コーナー。
 売れ筋ランキングは、CPU、メモリー、マザーボード、 HDD/SSD、ビデオカードといった主幹パーツからケースフ ァンといった小物まで、旬なパーツを隔週で掲載していく。

CPUやマザーボードと一緒に
PCケースもリフレッシュ

 インテルの小型PCフォームファクターNUC(Next Unit of Computing)から始まった手のひらサイズの超小型PCストリーム。「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」などのゲームを遊べる性能を持つオンボードGPU「Intel Iris Pro Graphics 5200」を搭載するGIGABYTE「BRIX Pro」や、CPUがCeleronやAtomになるが2万円を余裕で切るインテル「NUC」、ECS「LIVA」などラインナップが充実している。

ドスパラ パーツ館パソコンショップ アーク

 今回はそんなベアボーンキットの売れ筋を「ドスパラ パーツ館」と「パソコンショップ アーク」にお願いして、1ヵ月のランキングを集計してもらった。

極小&手ごろな価格のモデルが
ダントツ人気に

集計期間 4月23日~5月22日 ドスパラパーツ館
順位 製品名 実売価格
1位 ECS「LIVA-B3-2G-32G」
(Celeron N2806)
1万7979円
2位 Shuttle「XH61V」
(LGA 1155)
1万7969円
3位 Intel「BOXD54250WYK」
(Core i5-4250U)
4万6739円
4位 Shuttle「DS81」
(LGA 1150)
2万2799円
5位 Intel「BOXDN2820FYKH0」
(Celeron N2820)
1万8024円
6位 GIGABYTE「GB-BXI7-4770R」
(Core i7-4770R)
8万1979円
7位 Shuttle「SH87R6」
(LGA 1150)
2万7859円
8位 Intel「BOXD54250WYKH」
(Core i5-4250U)
5万378円
9位 Shuttle「DS61V1.1」
(LGA 1155)
1万9109円
10位 GIGABYTE「GB-BXCEH-2955」
(Celeron 2955U)
2万9137円
集計期間 4月25日~5月25日 パソコンショップ アーク
順位 製品名 実売価格
1位 Intel「BOXDN2820FYKH0」
(Celeron N2820)
1万6980円
2位 Intel「BOXD54250WYKH」
(Core i5-4250U)
4万8980円
3位 Shuttle「DS81」
(LGA 1150)
2万3799円
4位 Shuttle「XH61V」
(LGA 1150)
1万7979円
5位 ZOTAC「ZBOXNANO-AQ02-J」
(A8-5545M)
4万6980円
6位 GIGABYTE「GB-BXI7-4770R」
(Core i7-4770R)
7万9980円
7位 GIGABYTE「GB-BXI7H-4500」
(Core i7-4500U)
6万5980円
8位 ZOTAC「ZBOXNANO-AQ01-J」
(A4-5000)
3万980円
9位 Intel「BLKDE3815TYKH0E」
(Atom E3815)
1万7480円
10位 GIGABYTE「BOXD54250WYK」
(Core i5-4250U)
4万6980円

 順位は違うが、「ドスパラ パーツ館」、「パソコンショップ アーク」ともランクインしている製品は似ている。トップは両店ともに2万円アンダーの極小PCがダントツに売れており、人気の理由はやはりその安さとのこと。

 「ドスパラ パーツ館」でトップのECS「LIVA」は販売店が限られているのも影響してか、発売以来かなり好調とのことで、ドスパラ パーツ館スタッフによると「ストレージやメモリーなどが付属していて2万円を切っているのが、最大の魅力ですね。CPU性能はスマホやタブレットと同レベルになりますが、メールやウェブには十分なので、画面の小さなスマホやタブレットでのタッチ操作は苦手という人も買って行く感じですね。正直、自分も両親に買うならコレかなと」とのこと。

ECS「LIVA」のストレージ32GBモデル「LIVA-B3-2G-32G」。ストレージやメモリー、Wi-Fiボードなどが付属。別途OSを用意するだけでオーケー

 「パソコンショップ アーク」でトップなのは、“BayTrail-M”こと「Celeron N2820」を搭載したインテル「BOXDN2820FYKH0」だ。HDDとメモリーが別途必要になるものの、本体は1万7000円前後と安価なのは、ECS「LIVA」と同じだ。

 アークのスタッフによると「動画のエンコードなどの重たい処理は厳しいですが、オフィスソフトやウェブ動画の視聴といった一般的なPC用途ができ、安価なのが人気の理由ですね。使用できるOSの制限がありますが、指名買いで売れていきます。あと、2.5インチHDDが余っている人がサブPCとして購入されている印象を受けますね」とのこと。

2コア/2スレッドで、クロック周波数が最大2.39GHzの「Celeron N2820」を搭載するインテル「BOXDN2820FYKH0」。

 そのほかの製品では、Core i5を搭載するNUCの「BOXD54250WYK」と「BOXD54250WYKH」が、「価格と性能のバランスが良く、Core i3では性能に不安だが、i7搭載モデルはやや高価という人に安定して人気がある」。また、「手のひらサイズではないが、Shuttleのスリムタイプの『XH61V』や『DS81』は主に机のスペースが限られる企業が購入していく」という声が両店から聞こえた。

(→次ページヘ続く 「今週買いのパーツはコレ」)

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中