このページの本文へ

リモート操作でのサポートも

業界初を謳う「2画面見ながら表示」のシャープAQUOSブルーレイ

2014年05月15日 13時30分更新

文● 西牧裕太/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
3チューナーのBD-T3600とBD-T2600

 シャープは5月15日、再生中でも予約や編集が可能なAQUOS Blu-ray Discレコーダー「BD-T3600」を含む7機種を発表した。発売は6月を予定している。

 ラインナップは3チューナーが2機種で、3TB HDD搭載のBD-T3600(予想実売価格14万円前後)と2TB HDD搭載の「BD-T2600」(予想実売価格11万5000円前後)。2チューナーが4機種で、2TB HDD搭載の「BD-W2600」(予想実売価格9万5000円前後)、1TB HDD搭載の「BD-W1600」(予想実売価格7万5000円前後)、500GB HDD搭載の「BD-W560」「BD-W560SW」(予想実売価格6万5000円前後)、1チューナーが1機種の「BD-S560」(予想実売価格5万5000円前後)となっている。

2チューナーのBD-W2600、BD-W1600、BD-W560。BD-W560SWは白いモデル
1チューナーのBD-S560
BD-T2600の背面。真ん中にHDMI出力、左側に無線LANが配置されている
リモコンの左下が新機能の2画面見ながら操作ボタン。右下はカテゴリー分けが細分化された検索ボタン

 新機種では、録画番組やBDの再生中に、予約・編集画面を表示させる「2画面見ながら操作」が可能。業界初をうたっている。どちらの画面もリモコン操作で拡大・縮小ができ、任意の大きさに変えられる。また番組を再生中に、裏番組を小さい画面の動画で確認できるようになっている。

従来機だと裏番組はタイトルで確認していたが、新機種は動画で確認可能。2画面表示は全モデルに対応している

 検索方法も刷新した。「番組カテゴリ検索」ではジャンル分けが細かくなり、国内ドラマ・海外ドラマはもちろんのこと、好きなスポーツチームまで選択できるようになった。「人名検索」で有名人や俳優を選択すれば、その人が出演している番組が一覧で表示される。

 録画した番組の検索も同様のジャンル分けがされている。容量が大きいレコーダーの場合、録画番組を一覧から探すのが苦労する、という点から導入したという。

 アフターサービスは、リモート操作で対応するようになった。サービスに電話をし、認証コードを伝えればオペレーターが操作を開始。どこに不具合があるか、あるいはどう操作すればいいかが画面を観ながらわかる。なお、このサービスを受ける場合、インターネットに接続している必要がある。

電話と画面で確認ができるので、操作方法が分からない人にも安心のサービスといえる

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン