このページの本文へ

年内には家中のコンセント・壁スイッチをスマート家電化

パナソニック、タッチ/スライド操作で照明の調光ができる壁スイッチを発表

2014年05月12日 19時23分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

配線器具「アドバンスシリーズ」

 パナソニック エコソリューションズは5月12日、タッチ操作で照明の調光などが行えるデザイン壁スイッチ「アドバンスシリーズ」を発表、7月21日より発売する。

「タッチLED調光スイッチ」はタッチ/スライド/長押しで操作する

 アドバンスシリーズは、上質なマット仕上げと存在感をおさえたフラット・薄型デザインで壁面と調和して上質な空間を演出する。なかでも「タッチLED調光スイッチ(品番:WTY54110W)」はタッチ/長押し/スライド操作によって照明器具の調光が行えるのが特長。

ラインナップの一部

 また、タイマー機能も内蔵する「タッチ浴室換気スイッチセット」、エアコンへの給電を止めることができる200Vコンセント付きスイッチ「エアコン用こまめにスイッチ付コンセント」、人感センサー付きスイッチ「かってにスイッチ(熱線センサ付自動スイッチ)」などもラインナップされる。

パナソニックは年内にラインナップを拡充、コンセントや壁スイッチをスマート家電化する予定

 タッチLED調光スイッチが9800円、シンプルなON/OFFスイッチは1145円~2665円、人感センサーモデルは1万920円。

 なお、パナソニックでは壁スイッチなどの配線器具を高機能化することを考えており、同社の住宅用エネルギーを見える化/家電自動制御システム「スマートHEMS」との連携を予定してゆくという。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン