このページの本文へ

国内の主要キャリアに比べて最大30%減の価格設定

KVH、バースト機能やSDNに対応した「etherXEN」発表

2014年05月08日 14時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 KVHは、エンタープライズやサービスプロバイダーを対象に、2014年5月より次世代Ethernetサービス「etherXEN」を提供する。同社が従来強みとしてきた超低遅延、高品質のEthernet回線を提供するだけでなく、クラウドやデータセンターで必要とされる高い拡張性、柔軟性を実現するためのネットワークアーキテクチャを備えるという。

 etherXENは、次世代のEthernetマルチサービスプラットフォームとして、SDN(Software Defined Network)に対応した米Cyanのパケットオプティカル「Zシリーズ」とカナダのAccedian Networksの「Metro NODE LT/GT シリーズ」を採用。簡素化されたフラットなアーキテクチャにより、低価格での提供が可能になった。これにより、日本の主要な通信キャリアの帯域保証型サービスと比較して、最大約30%減の価格設定となっているという。

 また、複数回線を提供できる回線終端装置により、回線の追加や帯域のアップグレードをする際には、通常6週間以上かかる導入期間を最短10営業日に短縮する。機器やインターフェイスを交換せず、トラフィック需要の増減に応じ、最大1Gbps、10Gbps、100Gbpsまでの帯域をダイナミックに調整できるバースト機能も、2014年8月より提供する(100Gbpsは2015年以降の提供)。コアネットワークはすべて冗長化され、顧客のビルまでのアクセス回線も冗長化できる。障害時にはネットワークが50ミリ秒以内で高速に切り替わり、業界トップクラスのSLAを提供する。

 なお、米Cyanの「Blue Planet SDNプラットフォーム」により、将来的にはネットワークサービスの自動化・オーケーストレーションも実現可能になっているという。

 サービスラインナップは以下のとおり。

「etherXEN Private Line」帯域保証型(2014年5月より提供開始)

  • EPL(Ethernet Private Line):帯域保証型ポイント―ポイント回線
  • EVPL (Ethernet Virtual Private Line):帯域保証型ポイント―マルチポイント回線

「etherXEN Private Line」バースト型(2014年8月より提供開始)

  • EPLバースト(Ethernet Private Line):バースト型ポイント―ポイント回線
  • EVPLバースト (Ethernet Virtual Private Line):バースト型ポイント―マルチポイント回線

「etherXEN for AWS」(2014年5月より提供開始):AWS Direct Connect回線

「etherXEN Multi-Connect」(2014年8月より提供開始):多拠点接続型広域Ethernetサービス

 サービス提供エリアは、東京、横浜、川崎、千葉、埼玉、大阪の地域で、基地設置局の数を増やし、ネットワークのカバーエリアを拡充しているとのこと。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ