このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ペット+デジタルグッズを使いこなす! ― 第3回

迷子になっても安心! 離れているペットの居場所や環境をチェック!

2014年05月07日 12時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

愛犬が迷子になったら地図で居場所を確認する

 ペットフィットタグとペットフィットステーションがBluetoothで通信できている場合は、エリア内にいると判断される。通信が切れて10分間が経つと外出したと認識され、登録したメアドに「エリア外通知」が送信される。一緒にいる場合や、ペットステーションの電源が切れている場合などはいいが、意図せず愛犬が外出してしまったなら居場所を確認しよう。指定した間隔でペットフィットタグがGPSデータを3G回線でアップロードするので、ホームページから確認する。詳細な地図で現在位置が表示されるので、迎えに行こう。地図を拡大すると細かい位置も出るので、公園やドッグランで遊ばさせているときにも利用できる。

ペットフィットタグをケースに入れる
愛犬の首輪やハーネスに装着する。「ペットフィット」は首の前にセットする
ペットフィットタグがステーションから一定時間離れると通知が届く
URLを開き、メールに記載されていたパスコードを入力する散歩で一緒なら「お散歩中です」をタップ。犬が外出してしまったなら、「現在地を表示」をタップするGPSがデータを取得できて着ない時は、この画面になる。不安だが、数分ごとに「地図を更新」してデータを待とう
愛犬の場所が地図で表示される「お散歩中です」をタップするか、ステーションのエリア内に復帰すれば「迷子検知の解除通知」が届く
ペットフィットタグは生活防水なので、雨が降ったり、水しぶきがかかっても問題なし

愛犬のデータを管理する

 ペットフィットタグで収集した、歩数と環境温度はホームページで確認できる。食事のデータも登録しておけば、カロリーのコントロールも可能だ。食事を登録する時に、重量ではなくカロリーで登録するのが実践的でうれしいところ。

 注意したいのがペットフィットタグのバッテリーだ。エリア内なら190時間、みまもりエリア外なら10時間持つとのことだが、実際には1日でバッテリー低下のアラートが届く。1日2~3回の散歩が入ると、丸2日間持つかどうかと言うところだろう。電池切れでいざという時に使えないのは困るので、毎晩寝る時に充電し、朝の散歩の前に装着するというのが現実的かもしれない。

ペットフィットのホームページでデータを確認取得カロリーと消費・代謝カロリーなどを確認
運動量も一目瞭然移動スピードから愛犬の状態もわかる
暑さに弱い犬種は環境温度にも注意したい週間や月間データもグラフで表示できるバッテリー容量が低下したらメッセージが届く
できれば24時間データを取りたいが、無理なら寝ている時に充電しよう

愛犬の居場所管理ならイチオシのデジタルアイテム

 端末代を抜くと、月あたり625円で「ペットフィット」が使えるなら安いと感じた。歩数計測やカロリー管理は他のサービスでも利用できるが、現在位置を測定し、単体でクラウドにアップロードできるのは頼もしい。

 当然、愛犬が勝手に外出したときの保険にもなるが、散歩管理にも使える。例えば、朝は自分が散歩させているが、昼と夕方は家族が担当している場合。ペットフィットがあれば、散歩に出たときと帰ったときにメールが届く。外出中はGPSで現在位置の確認も可能だ。散歩をさぼっていれば、すぐに把握できるのだ。

 愛犬の居場所をチェックしたいというニーズがあるなら、「ペットフィット」の導入を検討してはいかがだろうか。

愛犬の居場所と行動を常にチェックしたいなら「ペットフィット」が便利

筆者紹介─柳谷智宣

著者近影 柳谷智宣

1972年生まれ。ネットブックからワークステーションまで、日々ありとあらゆる新製品を扱っているITライター。日経パソコンオンラインで「ビジネスPCテストルーム」、週刊SPA!で「デジペディア」を連載するほか、パソコンやIT関連の特集や連載、単行本を多数手がける。近著に「ポケット百科 GALAXY SII LTE 知りたいことがズバッとわかる本」(翔泳社)「Twitter Perfect GuideBook」(ソーテック社)、「Dropbox WORKING」(翔泳社)、「仕事が3倍速くなるケータイ電話秒速スゴ技」(講談社)。


前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン