このページの本文へ

地震が起きたら3秒でネットに接続して情報把握

ウェザーニューズ、地震・津波情報アプリで大地震を想定した減災訓練を実施

2014年04月18日 16時38分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
地震・津波情報アプリ「地震津波の会」

 ウェザーニューズは、iOS/Androidアプリ「地震津波の会」を通して4月7日に「減災訓練」を実施し、訓練用緊急地震速報からネット接続する行動などを調査した結果を発表した。

緊急地震速報ポップアップを押せば「地震津波の会」のページに飛んで詳細な情報を得ることができる

 アプリ「地震津波の会」は、大地震発生時に一般サイトが接続集中のため繋がりにくくなることを避けるために作られたスマホ向けの会員制サービス。減災訓練では、最大震度6弱の地震の発生を想定して訓練用緊急地震速報を一斉送信、ポップアップからの接続スピードや地震が発生するまでの20秒間でどのような避難行動がとれるかを検証した。

ネットに接続して詳細を3秒で知ることができるが、とりあえず避難もしよう

 訓練後のアンケートでは、3秒以内に接続できれば速いと感じる人が大多数を占めた。地震警報の通知ポップアップを押してから「地震津波の会」の詳細を3秒以内に見ることができた人は7割に達して会員の満足度は8割を超える結果。一方、避難行動に関しては、8割以上の人は避難をイメージすることができたが、実際に行動できた人はそのうちの3割のみという。

詳細を知ることがどう避難するかの判断材料になるため、やはり1秒でも速くネット接続して詳細情報を知りたいところではある

 ウェザーニューズでは、来るべき震災に備えて身を守る方法を考え、訓練への参加を重ねることで行動が習慣づけられていくよう、今後も定期的に減災訓練を今後も実施してゆくという。「地震津波の会」は年会費制で、iOS版ならばAppStoreで3100円、GooglePlayならば2962円(いずれも税抜、クレジット決済ならばいずれも2962円)で入会できる。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン