このページの本文へ

ロゴも真鍮製の上部プレートも「Marshall」の伝統を踏襲している

Marshallアンプの形をしたBTスピーカーにクリーム色が登場

2014年03月27日 17時25分更新

文● コジマ/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Marshallアンプの形でインパクト大な「STANMORE(スタンモア)」に、クリーム色のモデルが登場

 ザウンドインダストリートウキョウは3月27日、Marshall HeadphonesのBluetoothスピーカー「STANMORE(スタンモア)」のカラーバリエーションモデルとしてクリームを発表した。発売は4月5日で、希望小売価格は5万6953円(税抜き)。発売中のブラックと合わせ、2色展開となる。

 Marshall Headphonesは、ギターアンプなどで知られる米マーシャルと、スウェーデンのヘッドホンメーカーZound Industriesが設立したコンシューマーオーディオブランドだ。本製品は、同ブランドが2013年12月に発表したブラックモデルのカラーバリエーションモデルとなる。

既発売のブラックと合わせて2色展開となる

 Bluetoothのバージョンは4.0で、コーデックは標準のSBCのほか、apt-Xにも対応している。そのほかの入力インターフェースは3.5mmステレオミニジャック、RCA、光デジタルを搭載。

ステレオミニプラグなどでも接続可能だ。スピーカー前面にはおなじみ「Marshall」のロゴ真鍮製の上部プレートも伝統を踏襲したもの。低音と高音のコントローラーや、赤いLEDのインジケーターランプなどが並ぶ

 スピーカーは13.5cm径のウーファーに2つのツイーターを搭載する2.1ch構成で、出力(デジタルアンプ)は20W×2+40W、周波数特性は45Hz〜22kHz(±3dB)。サイズは幅350×奥行185×高さ185mmで、質量は5.1kg。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン