このページの本文へ

春だ!アプリだ!使えるスマホアプリ30選 第2回

iPhoneを手にしたら真っ先に入れておくアプリ10選

2014年03月26日 17時00分更新

文● 林 佑樹

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

水面に反射してるっぽい写真を作れる

Reflection - Create Water Reflection Photography Arts App
価格無料 作者Lotogram
バージョン2.7 ファイル容量6.6 MB
カテゴリー写真/ビデオ 評価(4.5)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 5.0以降

 まるで水辺で撮影したかのような写真に加工できる、画像編集アプリ。水没風からシメントリー風まで多彩にかっこよく遊べる。元の写真を選んだら、水面の割合を決定して、色と透明度を決めるだけ。トリミング機能やフィルター機能もあるため、かなり写真をいじれる点もいい。

 縦長や横長の写真よりは、スクエアが構図をまとめやすいので、まずはそこから練習してみよう。かっちり決めたい場合は、水平線を写真中央に用意した写真にすると、より仕上がりがよくなるぞ。

写真を読み込んだ直後の状態。微妙に水没したプールになっている

水没具合はドラッグで変更可能になっているので、ちょうどいい感じのラインを見つけよう

水面の色と透明度は調整可能なので、写真の雰囲気に合わせやすくなっている

フィルターも定番のレトロ調が用意されているので、これも活用すると楽しい

太陽の位置を確認できるカメラ好き向けアプリ

サン·サーベイヤー (Sun Surveyor) App
価格700円 作者Adam Ratana
バージョン1.6 ファイル容量6.6 MB
カテゴリー写真/ビデオ 評価(4.5)
対応デバイスiPhone 4以降、iPad 2以降 対応OSiOS 5.1以降

 そのとき・その場所からカメラを向けたとき、太陽はどこにあるのかを確認できるアプリ。3Dコンパスでその場からの状況を確認できるほか、ARカメラやマップからの確認ができる。日時指定もOKなので、屋外の撮影で太陽の位置を確認したいときに重宝するだろう。とくにマップはストリートビューからの確認もできるため、撮影ポイントが決まっている場合は、何時頃に行けばベストな撮影をできるのか把握しやすい。

メイン画面はごらんのとおり。マップビューから使ってみると便利さがよくわかるだろう

3Dコンパスを使用しているところ。GPS情報で得た位置か入力した場所からの太陽の位置を確認できる

GoogleMapを利用して、地図上からも太陽の位置を確認できる

さらにストリートビューからの視点も確認できるため、建物の情報を加味しながら撮影時間を決めるときにも便利

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中