このページの本文へ

「COOLPIX P340」は解放F値1.8と明るいレンズを採用

シリーズ最高の光学60倍ズーム! 「COOLPIX P600」など2モデル

2014年02月07日 18時37分更新

文● 松野/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

COOLPIX史上最高の光学60倍ズームを実現した「COOLPIX P600」

「COOLPIX P600」のカラーはブラック、レッドの2色

 ニコンイメージングジャパンは2月7日、コンパクトデジタルカメラ「COOLPIX P」シリーズから、光学60倍ズームでスーパーEDレンズを採用した「COOLPIX P600」および解放F値1.8のレンズと1/1.7型裏面照射型CMOSセンサーを搭載した「COOLPIX P340」の2モデルを発表した。2月27日より発売する。

 2モデル共通の特徴として、歩きながら撮影する際の大きなブレなどを軽減する手ブレ補正(VR)の「ACTIVEモード」、AFの高速化、写真の転送やリモート撮影などが可能なWi-Fiを内蔵している。

 COOLPIX P600は、有効1605万画素、「COOLPIX」史上最高となる焦点距離24-1440mm(35mm判換算)の光学60倍ズームNIKKORレンズを採用。解像感を保ったまま120倍までのズームが可能な電子ズーム「ダイナミックファインズーム」を搭載し、レンズ前約1cmのマクロ撮影も可能。また、1枚で効果的に色収差を補正するというスーパーED(特殊低分散)レンズをCOOLPIXで初めて採用し高倍率でも解像感の高い画像が得られるという。ほかに約92万ドットの広視野角TFT液晶モニター、20万ドットの電子ビューファインダーなどを搭載。

 カラーはブラック、レッドの2色。寸法は約幅125×奥行106.5×高さ85mm、重量は約565g。価格はオープンで、市場想定価格は5万5000円前後。

解放F値1.8と明るいレンズを採用した「COOLPIX P340」。カラーはブラック、ホワイトの2色

 COOLPIX P340は有効1219万画素、焦点距離24-120mm(35mm判換算)の光学5倍ズームNIKKORレンズを採用している。解放F値は1.8と明るく、大型の1/1.7裏面照射型CMOSセンサーとの組み合わせで立体感や鮮鋭感を再現するという。最大10倍までのズームが可能なダイナミックファインズームを搭載。レンズ鏡筒の周りにコントロールリングを備え、ズーム位置や露出などを直感的に操作できるという。

 カラーはブラック、ホワイトの2色。寸法は約幅103×奥行32×高さ58.3mm、重量は約194g。価格はオープンで、市場想定価格は4万5000円前後。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン