このページの本文へ

単3形電池で駆動する「COOLPIX L30」も発表

ニコン、Wi-Fi搭載で光学12倍ズームの「COOLPIX S6800」など3機種

2014年01月21日 19時11分更新

文● ナカムラ/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「COOLPIX S6800」

 ニコンイメージングジャパンは1月21日、コンパクトデジタルカメラの新製品として「COOLPIX L30」「COOLPIX S6800」「COOLPIX S3600」を発表した。

 COOLPIX S6800は光学12倍ズームレンズとWi-Fi機能を搭載するモデル。有効1602万画素、焦点距離25-300mm(35mm判換算)の光学12倍ズームNIKKORレンズ、約24倍ズームが可能な電子ズーム「ダイナミックファインズーム」機能を搭載する。「4軸ハイブリッド手ぶれ補正(VR)」を備えた1920×1080/60iのフルHD動画撮影機能を利用可能だ。

 サイズは約幅96.8×奥行き22.9×高さ57.5mm、重量は約145g(電池、メモリーカード含む)。カラーバリエーションはパールピンク、ナチュラルホワイト、ラズベリーレッドの3色をラインアップする。2月13日発売予定で、市場予想価格は2万8000円前後。

「COOLPIX S3600」

 COOLPIX S3600は光学8倍ズームレンズを搭載したモデルで、厚さ19.1mmのスリムボディが特長。有効2005万画素、焦点距離25-200mm(35mm判換算)のNIKKORレンズ、約23万ドットの2.7形TFT液晶を搭載する。

 サイズは約幅97.1×奥行き19.1×高さ57.9mm、重量約125g(電池、メモリーカード含む)。2月6日発売予定で、市場予想価格は1万7000円前後。

 S6800とS3600はともに、12種のメイクアップ効果、「ソフト」「トイカメラ風」などのスペシャルエフェクト(撮影効果)、「フォトイラスト」などの画像加工が可能な「クイックエフェクト」機能を備える。

「COOLPIX L30」

 COOLPIX L30は、単3形電池×2に対応するモデル。そのほか、繰り返し使用できるニッケル水素単3形充電池のNi-MHリチャージャブルバッテリー「EN-MH2」(別売り)に対応。軽量なリチウム単3形電池を使用した場合は、約950コマの撮影が可能だという。

 有効2005万画素CCD、焦点距離26-130mm(35mm判換算)の光学5倍ズームNIKKORレンズ、約23万ドットの解像度を持つ3型TFT液晶モニターを搭載する。「美肌」「小顔」など全8種類の「メイクアップ効果」機能が利用できる。

 サイズは約幅95.4×奥行き29×高さ60.3mm、重量は約164g(電池、メモリーカード含む)。カラーバリエーションはシルバー、レッドの2種をラインアップする。1月30日発売予定で、市場予想価格は1万3000円前後。

■Amazon.co.jpで購入【既存モデル】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン